スポンサーリンク

PHPをバージョンアップ

 WordPressのプラグインを更新しようとしたら、PHPのバージョンアップを促す画面が出てきた。

 使っているレンタルサーバーミニバードでもバージョンアップできるみたい。

 しつこく「EWWW Image Optimizer は PHP 5.4 かそれ以上を要求します。より新しいバージョンの PHP 5.6 や 7.0, 7.1 は、それまでのバージョンと比べはるかにパフォーマンスが良く安全なものになっています。このプラグインのサポートするバージョンの PHP へアップグレードする方法がわからない場合は、サーバー会社へお尋ねください。」が表示されるし、とにかく、バージョンアップ。

 まあ、例によって、PHP自体よくわからないんだけど。

PHPでできることは?

  •  PHPを使うと、HTMLソースコードを作成することがでる。
  •  PHPを使うとMySqlやPostgerSQLなどのデータベースと連携したWebサイトを簡単に作成することができる。

 と重要なものらしい。

ミニバードでPHPのバージョンアップ

1.ミニバードにログイン。

2.〔サーバー管理ツール〕をクリック。

3.〔PHPバージョン設定〕をクリック。

4.「設定」でPHPバージョンを選択。

PHP環境設定-ミニバード

[PHP環境設定-ミニバード]

5.〔PHPバージョン設定(確認)〕をクリック。

PHPバージョン設定(確認)-ミニバード

[PHPバージョン設定(確認)-ミニバード]

6.さらに〔PHPバージョン設定(確認)〕をクリック。

変更後のバージョンが表示される-もう1回「確定」-ミニバード

[変更後のバージョンが表示される-もう1回「確定」-ミニバード]

7.バージョン設定の画面に移行したら、終了。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする