ID ManagerをLinuxUbuntuで使おう

 WineというLinuxのソフト(というのか?)があるんだけど、これがなかなか実力派だ。

 Wineを使うとウィンドウズ用のソフトをLinuxで使うことができるようになる。

 特に、ID Managerというウィンドウズ用のID・パスワード管理ソフトの動作が快適。

 Linux・ウィンドウズ・アンドロイド用のパスワード管理ソフトで、ID Managerのデーターを利用できるkeepasというソフトもある。

 でもID Managerの方が見やすいし使いやすい。

 ID Managerを使うためだけにWineをインストールしてもいいくらいかも。

 既に、ウィンドウズでID Managerを利用しているは、利用価値大。




Linux・wine上でID Managerが出来ること

・ID・パスワードのクリップボードへのコピー

・ID・パスワードの作成

・登録したURLをワンクリックで開く。
*ID Managerの設定で『標準のブラウザで開く』に設定しておく。
*Linuxで起動している場合も設定の変更ができる。

・新しい登録先の作成。

Linux・wine上でID Managerが出来きないこと

・ID・パスワードの一括貼り付け・自動貼り付け(間違って、一括はりつけのボタンをクリックすると、フリーズする)。
*フリーズした場合は、Wineのランチャー(Ubuntu 12.04.2の場合、画面の横にでるアイコン)を右クリックしてWineを強制終了する。  

LinuxUbuntu・wine上でID Managerを起動させる方法

 既にウィンドウズOSでID Managerを利用している場合を前提に説明してます。

1,Wine(Wine Windows プログラムローダ)をソフトウエアセンターからインストールする。

2,Ubuntuの『ホームフォルダ』のランチャー(アイコン)をクリック。

3,ID Managerをインストールしてあるフォルダを右クリック。

4,『共有』をクリック。

5,ID Managerをインストールしてあるフォルダをダブルクリック。

6,exeファイルを右クリック。

7,『その他のアプリ』で開くをクリック。

8,『Wine Windows プログラムローダで開く』をクリック。

9,ID Managerに登録してあるIDを選んで、パスワードを記入して『OK』ボタンを押す。

 あとは、ウィンドウズでID Managerを使うときと同様に利用ができる。

 ただし、しつこいけど、一括貼り付け・自動貼り付けはできない。

 コピーボタンを押すと、自動的に該当するIDやパスワードがクリップボードにコピーされるので、ウェブサイトの入力欄などへ右クリックで貼り付け る(またはCtrl+Vで貼り付ける)

ID Managerのダウンロードサイト

ベクター・ID Managerのダウンロードページ

ID Manager公式サイト