エクセル簿記をダウンロードしよう

ダウンロードページへのリンク-エクセル簿記 フリーソフト・アプリ・Webサービス
ダウンロードページへのリンク-エクセル簿記
フリーソフト・アプリ・Webサービス
この記事は約3分で読めます。

 青色申告の確定申告書を作るには複式帳簿を付けないといけない。

 仕訳に決算書の作成とそれなりに大変。

 帳簿作りに使っているのがエクセル簿記という無料ソフト。

 エクセル簿記で帳簿を作り、それをもとに確定申告書等作成コーナーで確定申告書を作成している。

広告

エクセル簿記でできること

 エクセル簿記は以下のようなことができる。

・複式帳簿の作成

・決算書の作成

・貸借対照表の作成

 要は、青色申告の計算ができる。

 ソフトというよりは、表計算ソフトのテンプレートのようなものなので、もとになる表計算ソフトが必要になる。

 マイクロソフトのエクセル(Excel)かOpenOfficeCalcがPCに入っていれば、問題なく利用できる。

エクセル簿記をダウンロードしてみよう

 ベクターというサイトで、Excel簿記をダウンロードする。

1.一般用・農業用・不動産用とあるので、必要なものの〔ダウンロードページへ〕をクリックする。

ダウンロードページへのリンク-エクセル簿記

ダウンロードページへのリンク-エクセル簿記

2.〔このソフトを今すぐダウンロード〕を押す。

このソフトを今すぐダウンロード-エクセル簿記

このソフトを今すぐダウンロード-エクセル簿記

3.PCの上の隅に表示された〔名前を付けて保存〕を押し、ファイルに名前を付けて、パソコン内の任意の場所にダウンロードする。

名前を付けて保存-エクセル簿記

名前を付けて保存-エクセル簿記

一般用・農業用・不動産用ともファイル名が同じなので、複数の種類の仕訳をする場合は、このダウンロードの時に名前を付けて保存した方が後が楽。

4.zipファイルが保存される。

zipファイルがPC内に保存された-エクセル簿記

zipファイルがPC内に保存された-エクセル簿記

zipファイルを解凍しよう

 エクセル簿記はzipファイルという圧縮ファイルでダウンロードされる。

 実際使うには「解凍」という作業をし、圧縮を解かないといけない。

 でも、安心して!

 Windows10以上のOSなら、標準でzipファイルを解凍する機能がついている。

1.zipファイルを右クリックする。

2.〔解凍〕を押し、「ここに解凍」を押す。

zipファイルを解凍

zipファイルを解凍

3.同じフォルダの中に、zipファイルと同名のフォルダができる。

 このフォルダの中に、実際のエクセル簿記のファイルが入っている。

 エクセル簿記のファイル拡張子はxls。

 Excelで利用保存するときには、xlsのままで保存してOK。

 Excelの標準拡張子xlsxで保存してもOK。

 OpenOfficeCalcの場合は、拡張子xlsのまま保存するとエラーが出る可能性があるようで、OpenOfficeCalcの標準拡張子odsで保存する。

 ちなみに、LibreOfficeではエラーが出るという話だが、実際には試したことがないのでわからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました