Windows7のUSB・DVDなどの自動再生をOFFにする方法

 Windows7で、USBメモリー・DVDなどの自動再生を無効にするにはどうしたらよいか?

 Windowsには、USBメモリを挿入するとファイルを自動再生する機能が存在する。

 この自動再生機能を悪用し、USBメモリからPCへ感染するタイプのウイルスも存在する。

 感染の予防対策として、Windowsの設定で自動再生機能を無効にしておいたほうが無難。

 WindowsXPとWindows7ではちょっと操作が違う。

 ちなみにvistaと7はほぼ同じ操作で自動再生を無効にすることができる。

Windows7とvistaで自動再生を無効にする方法

1、「スタートメニュー」⇒「コントロールパネル」を選択。

2、メニューから「ハードウェアとサウンド」-「自動再生」を選択。

3、「自動再生」の画面で「すべてのメディアとデバイスで自動再生機能を使う」のチェックボックスをOFFにする。

 WindowsXPのUSBメモリーやDVD・SDの自動再生をOFFにする方法はこちらの過去記事を見てね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする