旅先でVirtual Router Managerを使ってノートパソコンを無線LANルーター化してみる

 以前Virtual Router Managerを旅行先のホテルで使ってみた。

 Virtual Router Managerは、無線LAN内臓のパソコンを無線LANルーターのように利用できるソフトだ。

 非常に使いやすい仮想ルーターなのだが、Windows7とWindows8までしか対応していない。

 泊まったホテルは、LANポートが部屋の壁についている。

 まずは、壁のLANポートと無線LAN内臓のパソコンをLANケーブルでつないでっと。




コントロールパネルのアダプタを見てみると?

 コントロールパネルの『ネットワークとインターネット』⇒『アダプターの設定』を見てみると、ちゃんとローカルエリア接続とワイヤレスネットワーク1、ワイヤレスネットワーク2が認識されている。

Virtual Router Managerで、Android末端をWi-Fi接続してみる

 ここで、Virtual Router Managerを起動。

 コントロールパネルのネットワークとインターネット⇒アダプターの設定画面でも、ちゃんとローカルエリア接続が共有され、ワイヤレスネットワークが接続されている表示が出ている。

 Xperia SO-03DをWi-Fi接続してみると、ちゃんとインターネットに接続できた。

 Android4のスクリーンショット機能で、Googleマップを撮影して。

 Xperia SO-03Dを地図代わりにして観光に出かけた。

Windows10の場合は

 Windows10では「モバイルホットスポット」という機能がある。

 こちらの機能ソフトはなどをインストールしなくても、非常に簡単にパソコンを無線LANルーター化できる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする