スマホやデジカメで撮影した写真のExif情報にご注意

Exifには個人情報がいっぱい ウェブサイト・ブログ作成
Exifには個人情報がいっぱい
ウェブサイト・ブログ作成
この記事は約3分で読めます。

 スマートフォンやデジカメなどで撮った写真の個人情報をExif(イグジフ)情報という。

 ほとんどのExif情報が自動的に写真につけられる。

 使いようによっては便利なExif(イグジフ)情報だが、ネット上で写真を公開する時には、注意が必要。

広告

Exif情報に含まれるもの

 デジカメやスマホで撮影した写真には、こんなExif情報が自動的につけられている。

・撮影日時

・撮影機器のメーカー名(製造・販売元) 撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)

・ 画像全体の解像度 、水平・垂直方向の単位あたり解像度、 撮影方向 、シャッタースピード 絞り(F値) 、ISO感度 、測光モード フラッシュの有無、 露光補正ステップ値 、焦点距離 、色空間

GPS情報 -- GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など

・サムネイル

・PCに一旦保存した場合は、ユーザーネーム。

Exif情報

Exif情報

Exif情報2

Exif情報2

F
F

一番問題なのは、撮影日時とGPS情報かな。

日時と映像からかなりの情報が察しられるし、GPSの位置情報が合わさったら、すぐ、個人情報が特定されそう。

PCのユーザーネームもあまり残したくない。

Exif情報のメリットは?

 Exif情報にどんなメリットがあるのかといえば、写真の整理がしやすい。

 撮影した時間や場所をExif情報で確認することができる。

 というのが最大のメリット。

Exif情報はブラウザでも簡単に確認できる

・FirefoxのばあいFxIFというアドオンを導入すると、ブラウザ上で画像のExif情報を表示できる。
・Chromeならば「EXIF Viewer Classic」「EXIFQuickView」という拡張機能で画像にカーソルを載せるだけで、Exif情報を確認できる。

 EXIF情報が存在しない場合は、マウスオンしても何も表示されない。

・edgeの場合、Exif Viewerで確認できる。

 こちらは、右クリックで画像を解析する。

 他にも、画像ビューアやパソコン用フリーソフト(例画像 × googleマップ)を使うとExif情報を簡単に確認できる。

 WordPressの場合、リサイズされた画像にはExif情報が載らないことになっているらしい。

 また、Exif情報を削除するプラグインもある。

 が、リサイズされた画像でも、

 プラグインが入っていても「

Exif情報が残っていた。」

 なんて話もある。

 まあ、数あるExif情報のどこまでが残っていたかの問題もあるが。

 Exif情報を削除するソフトやWindows標準のExif情報削除機能を使って、Exif情報は削除してからブログなどにアップデートしたほうが安全なのは確か。

 画像や写真は1枚ずつなら、Windows標準の機能でExif情報の削除ができる。

 複数のファイルのExif情報を削除するのはフリーソフトを利用すると便利。

コメント

タイトルとURLをコピーしました