ソフトはゴミ箱に捨ててはいけません!

 ソフトはゴミ箱に捨ててはいけない。

 パソコンのインストールの時に、パソコンの構成を変えてしまうソフトもある。

 そういう「パソコンの厚生を変えてしまう」ソフトをゴミ箱に安易に捨ててしまうと、パソコンがまともに機能しなくなる可能性もある。

 では、どうやっていらないソフトを削除するか?

安全にパソコンからソフトを削除する方法

ソフトに、アンインストール(削除)の仕方が記載されたテキストファイルが一緒についているかどうか確認。
  アンインストール・削除の方法が書いてある場合は、アンインストールの説明を読んで、そのとおりにするのが一番。

アンインストールの方法が記載されていない場合は、「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」で、ソフト名があるかどうか確認。
 ソフト名があったら、削除ボタンを押す。

ソフトにアンインストールツールが付属している場合もある。
 アンインストールツールがついている場合、其れをクリックして起動→ウィザードが起動するしたりして、スムーズに削除ができる。

共有ファイルは削除しないのが安全

 コントロールパネルからプログラムの追加と削除でソフトを削除した場合、「共有ファイルを削除しますか?」と言う表示が出たりする。

 「共有ファイルを削除しますか?」と言う表示がでるのは他のソフトなどにも影響のあるファイルだと言う意味。

 この場合は、判断の自信が無ければ『いいえ』を選ぶ。

 また、不要なソフトかどうか判らない場合は、削除しないのが原則。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Windows7をインストール後に最初に入れておきたいソフト8選
Windows10はシステムの保護を有効にしないと復元ポイントを作成できない
ショートカットアイコンの作り方
Microsoftエクセル・ワードは個人情報流出にご注意
印刷が勝手に縮小される
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
PDFにはどんなメリットがある?
シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる
noimage
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
NumLkが原因かも「文字が打ち込めない、数字になる、日本語にならない」
スマートフォンを安全に使いましょう
pdfを編集するには
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう

Menu

HOME

 TOP