表計算ソフトの複数ファイルで、リンク機能を使ってみよう

 ブック間のリンク機能を利用すると、ひとつのブックを変更すれば、他のブックの内容も変更されるというようなことができる。

 ブックというのは、表計算ソフトの1ファイルのこと。

 この1ファイル(ブック)の中で、タブで分けられているのがシート。

 

ブックのセル間にリンクを設定する(リンク貼り付け)

 データ元となるファイルの選択したセルの内容を、リンク先の任意のセルへ、リンク貼り付けを行う.。

 1、データ元のファイルとデータを貼り付けるファイルを開きます。

2、貼り付けたいセルをクリックし、右クリック→コピー。

3、リンク先を選んでファイル(ブック)を開いて、セルをクリック→右クリック→[形式を選択して貼り付け]
→[リンク貼り付け] をクリック
*リンクを設定するセルを選択し、 (貼り付け) をクリックしてもOK。

 

 このブック間のリンク貼り付け、エクセルでもオープンオフィスでもほぼ同じ操作でできる。

 これまた、便利な機能なので覚えておいて損はなさそう。

 

 こうしてみると、エクセルやオープンオフィスなどだけでも、結構複雑なことができるね。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

GyaO! はただいま、3周年記念・映画も目白押し

noimage

USBハブのポート数

noimage

WindowsXPのアップグレードの注意

noimage
noimage

BUFFALO有線ルーター導入

noimage
noimage

Skypeの設定をしてみよう

noimage

32ビットOSと64ビットOSの違い

無くなってしまったウェブサイトを見る方法

無くなってしまったウェブサイトを見る方法

noimage

ようやくブログ移転完了

noimage
noimage

Linuxのメリットとデメリット

noimage

GPS機能のメリット

noimage

機内モードでAndroidスマートフォンを節電

Menu

HOME

 TOP