表計算ソフトの複数ファイルで、リンク機能を使ってみよう

 ブック間のリンク機能を利用すると、ひとつのブックを変更すれば、他のブックの内容も変更されるというようなことができる。

 ブックというのは、表計算ソフトの1ファイルのこと。

 この1ファイル(ブック)の中で、タブで分けられているのがシート。

 

ブックのセル間にリンクを設定する(リンク貼り付け)

 データ元となるファイルの選択したセルの内容を、リンク先の任意のセルへ、リンク貼り付けを行う.。

 1、データ元のファイルとデータを貼り付けるファイルを開きます。

2、貼り付けたいセルをクリックし、右クリック→コピー。

3、リンク先を選んでファイル(ブック)を開いて、セルをクリック→右クリック→[形式を選択して貼り付け]
→[リンク貼り付け] をクリック
*リンクを設定するセルを選択し、 (貼り付け) をクリックしてもOK。

 

 このブック間のリンク貼り付け、エクセルでもオープンオフィスでもほぼ同じ操作でできる。

 これまた、便利な機能なので覚えておいて損はなさそう。

 

 こうしてみると、エクセルやオープンオフィスなどだけでも、結構複雑なことができるね。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

検索向けアドセンスの編集ができない

noimage
noimage

Windows Live メッセンジャーで無料通話

noimage
noimage
noimage

seesaaブログのページタイトルをSEO

noimage

SDカードスロットルは壊れやすいらしい

noimage

クリスマス素材無料配布サイト

noimage
noimage

ブログやホームページ作成に便利な、HTMLエディタ

noimage

国税庁確定申告作成コーナーはIE8と相性が悪い?

noimage

サイズの違うSIMカードを利用するには?

noimage

Google VoiceとSkypeどちらがお得?

noimage

Menu

HOME

 TOP