電源キーの長押しで起動するGoogleアシスタントを停止する-Androidスマートフォン

 スマートフォンの電源ボタンを長押しすると、スクリーンショットが取れるのだが、そのたび、Googleアシスタントが起動する。

 音声だけで、いろいろできる便利な機能だが、正直、ちょっと邪魔だったりして。

 Googleアシスタントを停止するのって、どうしたらいい?

 ちなみに、機種はAQUOS sense3 basic。




電源キーを長押ししても、Googleアシスタントが起動しないようにする

電源キーを長押ししても、Googleアシスタントが起動できないようにするには

1.ホーム画面で(アプリ一覧)を選択。

2.〔設定〕を押す。

3.〔システム〕を選択。

4.〔操作〕

5.〔アシスタントの起動〕を選択。

6.〔Googleアシスタント〕を選択。

7.「電源キー長押し」〔アシスタント〕をOFFにする。

機種によっては

 スマートフォンの機種によっては、Googleアシスタントを停止する方法に違いがあるよう。

 例えば、Xperiaなんかだと

1.〔設定〕を選択

2.〔Google〕を選択

3.〔検索〕を選択

4.「Google アシスタント」の〔設定〕を選択

5.〔端末〕の〔スマートフォン〕を選択

6.「Google アシスタント」のチェックを外す

 という操作の様子。

 でも、これは、Googleアシスタントを全面的に使わないという設定なのかも。

 AQUOS sense3 basicでは、同様の設定がない。

電源ボタンを長押しし続ければGoogleアシスタントは起動されない

 もう一つ、設定をいじらなくても、電源ボタンを「押し続けると電源メニュー」の表示が終わるまで長押しし続けるとGoogleアシスタントは起動せず、電源メニューである「電源を切る」「再起動」「画面の保存」「故障かなと思ったら」「緊急通報」が出てくる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする