スポンサーリンク

wordpressに絶対入れておいたほうがいいプラグイン

 プロフィールとパーマリンクの設定が終わったら、必須といえるWordpress用のプラグインをインストールしよう。

 Wordpressのテーマを変更してもプラグインは生きているので一回インストールすればテーマ変更の都度インストールする必要が無い。

WordPressの必須プラグイン

 以下は、WordPressでブログを始めるときに、入れておいたほうが良いと思われるプラグイン。

 WordPressの運営に慣れてきたら、プラグインなしにテンプレートをカスタマイズすることもできるが、初心者はプラグインを利用したほうが楽だ。

プロフィールを設定するためのプラグイン

 Wordpressの管理画面に初めてログインしたら、まずはプロフィールを設定しよう。

 プロフィールを設定しないと、WordpressへのログインIDが世界中に公表される羽目になる。

 その前にプロフィール設定を補助するプラグインを入れよう。

 「EditAuthor Slug」などが有名。

投稿文章の自動整形をとめるプラグイン

 「PS Disable Auto Formatting」が使いやすい。

リビジョンの回数を制限するプラグイン

 リビジョンはWordpressの投稿文を自動でバックアップする機能。

 投稿途中でブラウザがトラブルを起こしたりした場合、自動バックアップしてくれるので便利な機能なのだが、初期状態では無制限にバックアップを取ってしまうので、データベースを圧迫する。

 「Revision Control」が有名。

リビジョンを削除するプラグイン

 たまってしまったリビジョンを削除するプラグイン

 「Better Delete Revision」が有名。

検索エンジン向けのXMLサイトマップを作成・更新してくれるプラグイン

 「Google XML Sitemaps」日本語化されていて非常に設定しやすいプラグイン。

 メタディスクリプション・メタキーワードを管理するプラグイン

 ページの概要を検索エンジンに知らせるのがメタディスクリプション。

 ページのキーワードがメタキーワード。

 最近ではあまり重要視されていないといわれているが、適度なメタディスクリプション・メタキーワードの設定は害にはならない。

 ページごとにメタディスクリプション・メタキーワードを設定できるプラグインもインストールしておくとSEO(検索エンジン対策)に役立つ。

 「All In One SEO Pack」は非常に高機能なプラグイン。

 「Meta Manage」は国産のプラグイン。

 「Add Meta Tags」なども有名。

画像を最適化するプラグイン

 画像の容量を自動的に圧縮してくれたり、サイズダウンしてくれるプラグイン。

 「EWWW Image Optimizer」がお勧め。

カテゴリーの順番を変更するプラグイン

 wordpressのカテゴリーの並び順は自由に変更できない。

 カテゴリーの並び順を調整できるようにするには、プラグインを使うと簡単。

 「Category Order」、「Category Order and Taxonomy Terms Order」、「My Category Order」などが有名。

 テーマとの相性もあるらしく、STINGER3の場合は「Category Order」がうまく動かないという情報あり。

WordPressにはじめからインストールされているプラグインで使ったほうが良いもの

 WordPressに初めから入っているプラグインもある。

 有効にしておいたほうが良いのは

WP Multibyte Patch

 WP Multibyte Patch は、本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグイン。

 要は文字化けやエラーを防止するためのプラグイン。

Akismet

 迷惑なスパムコメントなどをシャットアウトするプラグイン。

どのプラグインも無料で利用できる

 ここに挙げた各プラグインはどれも無料で利用できる。

 プラグインを入れすぎるとブログの表示速度が遅くなったりするけど、上に上げたプラグインだけはインストールして使ったほうが良いよ。

 どれもインターネット上で詳しい説明が載っているので、使い方に迷ったときにはすぐ調べられる。

テーマによっては必須プラグインでも必要ないものもある

 WordpressのテーマのうちSTINGER3などは、すでにいろいろな設定が済んでいるものもある。

 STINGER3の場合プロフィールを設定するためのプラグインなどは必要ないかも。