固定キーってどんな機能?便利なのか不便なのか?

 Windowsには固定キーという役に立つんだか、立たないんだか、便利なんだか、迷惑なんだかよくわからない機能がある。

 あまり使用頻度は多くないとは思うけど、この固定キーというもの、いったいどんなものなんだろう?




固定キーとはどんな機能?

 固定キーは以下の機能がある。

Ctrl キーを 数回続けて押すとCtrl キーが常に押されている状態になる。
Alt キーを 数回続けて押すことで、Alt キーが常に押されている状態になる。
Shift キーを 数回続けて押すことで、Shift キーが常に押されている状態になる。
Windows ロゴ キーを 数回続けて押すことで、Windows ロゴ キーが常に押されている状態になる。

 この機能、固定キーが有効になっていないと利用できない。

固定キーを有効にするには

【Shift】キーを連続で5回押すと固定キーを有効にするかどうかを尋ねる画面が出てくる。

 有効にする場合は、【Enter】キーを押すか、「はい」を選択する。

固定キーを5回押すと、固定キー機能を有効にするかどうか尋ねてくる

[固定キーを5回押すと、固定キー機能を有効にするかどうか尋ねてくる]

 この場面で、「はい」を選ぶと、固定キーが有効になる。

 固定キーが有効になっている場合、タスクバーに表示が出る。

固定キーが有効になっている時にはタスクバーに表示が出る

「固定キーが有効になっている時にはタスクバーに表示が出る」

固定キー機能の役割

 Ctrl キー、Alt キー、Shift キー、Windows ロゴ キーはほかのキーと同時に押すことでいろいろなことができる。

 いわゆるショートカットキーとか、ログオン時のキー操作とか。

 通常は、Ctrl キー、Alt キー、Shift キー、Windows ロゴ キーを押しながら、ほかの複数のキーを押す。

 固定キー機能は、Ctrl キー、Alt キー、Shift キー、Windows ロゴ キーを2回押せばCtrl キー、Alt キー、Shift キー、Windows ロゴ キーから手を離してもほかのキーを押したときに、同時に押したと同じ機能を持たせることができる。

 が、普通の使い方をする人にはあまり使い道がないかも。

Ctrl キー、Alt キー、Shift キー、Windows ロゴ キーの機能が解除できなくなったときの対処法

 固定キーの機能が解除できなくなったときには、【Shift】キーを連続で5回押すと、固定キーが無効になる。

 無効になる場合は、特にメッセージはなし。

 また、[コンピューターの簡単操作]→[キーボードの動作の変更]→[固定キー機能を有効にする]のチェックボックスのチェックを外す→[OK]ボタンをクリック。

 でも、解除できる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする