スポンサーリンク

リンク先の開き方を指定するHTML

 リンクを開くには、いろいろあって『リンク元のウインドを残して、新しいウインドウで開く』『同じウインドウで開く』『特に指定しない』。

 HTMLでどう記載すればリンク先を指定できる?

リンク先を新しいウインドで開く

 https://freesoft.0hs.org/へのリンクを新しいウインドウで開くには

<a href="https://freesoft.0hs.org/" target="_blank">新しいウインドウでリンク先を開くには</a>

と言うような記載になる。

リンク先を同じウインドウせ開く

 https://freesoft.0hs.org/へのリンクを同じウインドで開くには

<a href="https://freesoft.0hs.org/"target="_self">同じウインドウで開くには</a>

 てな具合に記載する。

targetを指定しない場合

 target="○○"を記載しないというやり方もある。

 この場合、

  • 左クリックなら同じウインドウでリンク先が開く。
  • 右クリック⇒「新しいウインドウで開く」を選択すると、リンク元のページを残したまま、リンク先が新しいページで開く。
  • 右クリック⇒「新しいタブで開く」を選択すると、リンク元のページを残したままリンク先が新しいタブで開く。
  • マウスの真ん中のボタンでリンクをクリックすると、リンク元のページを残したままリンク先が新しいタブで開く。

 と閲覧者が自分でリンクの開き方を指定する形となる。

 ちなみに、どの方法が一番いいかというと、targetを指定しない方法が一番、ユーザーサイトに立った指定の仕方だといわれている。