Windows 10でタスクマネージャーを起動させる方法とタスクの終了

 Windows 10でタスクマネージャを起動させる方法はいくつかあるらしい。

 管理人は、もっぱら、Ctrl+Alt+Delキーを同時に押す方法なのだが。

 他の方法もいくつかご紹介。

 ついでに、タスクマネージャーの役割やアプリの強制終了のお話を。

 何しろ、Windows10以降と以前ではタスクマネージャーを起動させたときの画面もだいぶ違っているから、戸惑う人も多いんじゃないだろうか?




タスクマネージャーの役割

 タスクマネージャ(タスク マネージャー )は実行中のアプリケーションやプログラムの監視、管理をする機能 。

タスクマネージャー-Windows10

[タスクマネージャー-Windows10]

 タスクマネージャ(タスク マネージャー )を起動すると

応答しなくなったアプリケーションを強制終了する
CPUや メモリの使用状況を確認する

 などができる。

Windows 10でタスク マネージャーを起動させる方法

1.Ctrl+Alt+Delキーを同時に押す。
2.Ctrl + Shift + Esc キーを同時に押す。
3.スタートボタンを右クリックする。
スタートボタンを右クリックしタスク マネージャーを起動

[スタートボタンを右クリックしタスク マネージャーを起動]

4.タス クバー右クリックして表示されるメニューから「タスク マネージャー」をクリック。
タス クバー右クリックしタスク マネージャーを起動

[タス クバー右クリックしタスク マネージャーを起動]

 1から4までのどの方法でもタスクマネジャーが起動する。

Windows 10からタスクマネージャーの画面がだいぶ変わった

 Windows 10からタスクマネージャーの画面がだいぶ変わった。

 タブなどの名称も変わったので、Windows 10に初めて切り替えた人は戸惑っている人も多いと思う。

 Windows 10以前はタスクマネージャーを起動すると「アプリケーション」タブの画面が初めに表示されたが、Windows 10以降は「プロセス」の画面が一番最初に表示される。

タスクマネージャー-Windows7

[タスクマネージャー-Windows 7]

タスクマネージャー-Windows10

[タスクマネージャー-Windows 10]

 普通に使っていて、一番使用頻度が多いのは「アプリケーション(ソフト)の強制終了(タスクの終了)」だと思うのだが、画面が大きく変わったせいで、「どうやってアプリケーションを強制終了させたらいいのかわからない」なんてことも。

Windows 10-タスクマネージャーの「アプリケーション(ソフト)の強制終了(タスクの終了)」

 「アプリケーション(ソフト)の強制終了(タスクの終了)」は

1.〔プロセス〕に表示されているアプリの中から、終了させたいアプリをクリック。

2.〔タスクの終了〕をクリック。

アプリの強制終了-タスク マネージャー-Windows10

[アプリの強制終了-タスク マネージャー-Windows 10]