標準のブラウザをLunascapeへ変えた

 最近IE8の使い勝手が大変悪い。

 で、標準のブラウザをLunascape6に変えることにした。

 Lunascapeは、Windows上で動作するブラウザで、Internet Explorer向けのアドオン、Mozilla Firefox向けのアドオンの大半が利用できる。

Lunascapeの特徴

・タブブラウザ(新しいウインドウやポップアップがタブで開いていく)

・複数のページを並べて表示することも可能。

・3つのブラウザエンジン(Trident・Gecko・WebKit)の切り替えが可能。

 判りにくいのは、『3つのブラウザエンジン』というところだと思う。

ブラウザエンジン(HTMLレンダリングエンジン)とは?

 ウェブブラウザの主要要素。
 ウェブページ記述用言語で書かれたデータを解釈し、実際に画面に表示する文字や画像などの配置を計算するプログラム。

・Trident (Internet Explorer)
・Gecko (Firefox, Camino, SeaMonkey他)
・KHTML (Konqueror)
・WebKit (Safari, Google Chrome,シイラ, OmniWeb他)
・Presto (Opera)
・名称無し(NetFront Browser)などがある。

 Lunascapeは、Trident・Gecko・WebKitのブラウザエンジンが使えるということで、IEFirefoxSafari,・Google Chromeの拡張機能などが使用できる。

 これなら、調子の悪いIE8より使い勝手がいいかも。

 というわけで、数日前から、Lunascapeをメインのブラウザに変えて使っている。

 楽天ツールバーなどの利用は、無理かな?と思っていたのだが、ちゃんと、Lunascapeでも使うことができるのがわかったし。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする