BUFFALO有線ルーター導入

 有線ルーターを入れた。

 今までは、フレッツADSL接続で、モデムからPCへ直接接続していたのだが、セキュリティ上の問題もあるということでルーターを導入することにした。

 ルーターはバッファローのBBR-4MG。

 有線ルーターである。

 BBR-4MGは、バッファローの有線ルーターのスタンダード版。

 付属品はCD・ルーター本体・電源コンセント・説明書。

 姉妹品のBBR-4HGはLANケーブルも付属している。

 BBR-4MGにはLANケーブルはついていないのだが、使っていないLANケーブルがあったのでこちらを購入した。

 BBR-4MGとBBR-4HGでは他にも細かい相違(IPv6パススルーがないなど)があるのだが、とりあえずここでは割愛。

【送料無料】在庫あり 翌営業日出荷【送料無料】BBR-4MG [有線BBルータ エントリーモデル]2,079 円(税込み)

合計5,000円以上で日本全国送料無料!【ポイント2倍】バッファロー BBR?4HG2,569 円

 設定自体は難しくはない。

 付属の設定ガイドとおりに設定を接続していけばいいのだが・・・。

 ちょっと、?の部分もあったので、ご報告。

 たぶんバッファローの有線LANルーターは、ほとんど同じ設定方式だと思う。

 

 ちなみに、管理人のインターネット接続は以下のとおり

・フレッツADSL

・モデム

・外付けDVDドライブ

・ブラウザFirefox

・Windows7

 

バッファロー有線ルーターのつなぎ方

1、モデム、パソコンの電源をOFF。

2、モデム⇔ルーター⇔パソコンを有線LANでつないでパソコンの電源をON。

3、ファイヤーウオールを終了させる。

4、パソコンの『スタート』⇒『コントロールパネル』⇒『ネットワークとインターネット』⇒『インターネットオプション』⇒『接続』タブをクリック。

5、『ダイヤルしない』にチェックに入れる。

6、『LANの設定』ボタンをクリック⇒すべてのチェックをはずす⇒『OK』ボタンをクリック⇒『OK』ボタンをクリック。

7、DVDドライブに付属のCDをセット⇒『スタート』⇒『コンピューター』⇒『外付けDVDドライブ』をダブルクリック。

8、IP設定ユーリアティーをインストール。

9、インストール後、パソコンを再起動する。

10、パソコンの『スタート』⇒『すべてのプログラム』⇒『BUFFALO』⇒『ブロードバンドユーリアティ』⇒『IP設定ユーリアティ』をクリック。

11、検索のしるし(虫眼鏡マーク)をクリック。

12、検索ボックスに出てきたルーター名をダブルクリック。

13、ログインボックスに『root』を入力しOKボタンをクリック。

14、接続(管理人の場合はフレッツADSL)を選んで次へボタンをクリック。

15、プロバイダーからのID・パスワード、ルーターのファイアーウォールの接続設定が終了すると『接続に成功しました』の画面が表示される。

 ちなみに、下の画面が表示されていれば、インターネットの接続が完了しているようだ。

BUFFALO 有線ルーター BBR-4MG 設定最終画面

 

外付けDVDドライブがない場合

 DVDドライブがないノートパソコンの場合、付属のCDは使えない。

 がちゃんと、設定はできるのでご安心を。

 CDをなくした場合でも利用できる。

 方法は2つ。

1)BUFFALOのホームページから、IP設定ユーリアティをダウンロードする。

 が、BUFFALOのホームページには、IP設定ユーリアティがダウンロードできるページがちゃんとある。

 そのページから、IP設定ユーリアティをダウンロードすれば、光学ドライブがなくても設定ができる。

・BUFFALOのホームページ⇒『ダウンロード』⇒『ドライバーダウンロードサービス』⇒『製品カテゴリー別』で対象商品のカテゴリーをクリック⇒対象商品を選んでクリック⇒『IP設定ユーリアティ』をクリック⇒『「ダウンロードソフトウェア使用許諾契約」に同意してダウンロードする』をクリックしダウンロード。

 

2)IP設定ユーリアティを利用しないで手動でルーターの設定する

 IP設定ユーリアティを利用しないでルーターを設定する方法はまた後日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする