BUFFALOルーターの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

 プロバイダーのSANNETがサービスを終了し、楽天ブロードバンドに自動的に移行された。

 で、移行手続きの案内というのが送られてきた。

 このところインターネット接続をいじっていない。

 だいぶ忘れてるんだけど頑張って設定してみよう。

  ちなみに、回線はいまだにADSLなんだけど。




あまり親切ではない郵送されてきた「インターネット接続の設定」の内容と楽天ブロードバンドの画面

  楽天ブロードバンドから送られてきた書面は、モデムにルータが接続されているか?ルーター付きADSLモデムを利用しているか?によって、ウェブページのアドレス。

 で、そのアドレスhttps://hikari.rakuten.co.jp/rbbsupport/manual_internet/fadsl/router.html

にアクセスすると、以下のような説明が。

STEP1:ブロードバンドルータの管理画面へアクセスする

管理画面へのアクセス、表示方法についてはご利用のルータのマニュアルをご確認ください。 NTT東日本/NTT西日本からレンタルされている場合は、NTTからレンタルされている機器のマニュアルをご確認ください。レンタル機器についてご不明な点については、NTT東日本/NTT西日本にお問い合わせください。

STEP2:ルータの管理画面より設定を行う

ご契約のNTTフレッツサービスのタイプによって、「楽天ブロードバンド接続用ユーザID」が異なりますのでご注意ください。

楽天ブロードバンドの説明画面-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

[楽天ブロードバンドの説明画面-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定]

 と、これだけ。

 あまり、親切とはいいがたい。

 さて、まず、ルーターの管理画面ってどうやって出すんだっけ?

バッファローの有線ルーターの管理画面の出し方

 最初の難関はバッファローの有線ルータの管理画面の出し方。

初期設定のままの場合

1.ブラウザを起動する。

2.アドレスバーの欄に「192.168.11.1」というIPアドレスを入力。

 この「192.168.11.1」というIPアドレスは、バッファローのほとんどのWi-Fiルーター・ Wi-Fi中継機・ 有線ルーター・ 管理機能搭載アクセスポイント・ 法人向け有線ルーター などに初期設定として使用されている。

3.移動のボタンを押す。

アドレスバーの移動ボタン

 これで、ルーターの管理画面にログインするための画面が出てくる。

4.「ユーザー名」に「root」、「パスワード」は空欄のまま〔ログイン〕ボタンを押す。

バッファロールーターのログイン画面

[バッファロールーターのログイン画面]

 これで、バッファローのルーターの管理画面にログイン完了。

IPアドレスが「192.168.11.1」以外の機種

 初期設定のIPアドレスが「192.168.11.1」以外の機種は

IPアドレスが192.168.11.100

 WEX-733DHP 、 WLA2-G54、WLA2-G54C

 WAPM-HP-AM54G54(ファームウェアVer.2.10以降はDHCP自動取得、タイムアウト時は192.168.11.100に固定)

 WAPS-HP-AM54G54(ファームウェアVer.2.12以降はDHCP自動取得、タイムアウト時は192.168.11.100に固定)

IPアドレスが192.168.11.210

 WEX-G300、WEX-300、WEX-1166DHP、WEX-1166DHP2、WEX-1166DHPS

 WRP-AMG54(設定用ポートは192.168.20.1)

IPアドレスが192.168.12.1

 BHR-4GRV、BHR-4GRV2 、 VR-S1000

 WHR2-G54V(ファームウェア Ver.2.31未満の場合は192.168.11.1)

 WZR-RS-G54、WZR-RS-G54HP

 BHR-4RV(ファームウェア Ver.2.31未満の場合は192.168.11.1)

IPアドレスが192.168.13.1

 WMR-433W2、WMR-433W、WMR-433、WMR-300

IPアドレスが192.168.20.1

 WEX-733D

IPアドレスが192.168.0.1

 WLA-AWC、WLA-AWCG、WLA-L11、WLA-L11G

 WLAR-L11、WLAR-L11-M、WLAR-L11-S(ブロードバンドファームウェア適用時は192.168.0.1)

 WLAH-A54G54、WLAH-AM54G54、WLAH-G54、WLAH-HG-G54/R

 WLM-L11G、WLM2-A54G54、WLM2-A54G54/H、WLM2-A54G54/HA、WLM2-AM54G54/HA

 WLM2-G54、WLM2-G54/H、WLM2-G54/HA、WLM2-L11G

DHCP自動取得になっている機種(DHCP自動取得でタイムアウトになった場合は192.168.11.100に固定)

 WAPM-1166D、WAPM-APG600H、WAPM-AG300N、WAPM-APG300N 、 WAPS-300WDP、WAPS-APG600H、WAPS-AG300H 、 WAPS-HP-G54

プロバイダー変更を設定する

 ここからは、いよいよ、プロバイダー変更の設定を行う。

1.利用している回線のボタンを押す。

回線を選ぶ-バッファロールーターの設定

[回線を選ぶ-バッファロールーターの設定]

 今回の場合はADSLなので、「ADSL」のボタンを押す。

2.回線の提供をしている会社を選び、クリックする。

回線の提供をしている会社を選ぶ-バッファロールーターの設定

[回線の提供をしている会社を選ぶ-バッファロールーターの設定]

 今回は、「フレッツADSL」(「その他POPE接続」でもOK)。

3. sunnetでの設定が出てくるので、そこに、楽天ブロードバンドから送られてきた「楽天ブロードバンド アカウントのお知らせ」の情報を入力する。

SANNETでの接続ユーザー名-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

[SANNETでの接続ユーザー名-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定]

3-1)ルータ設定の画面の〔接続ユーザー名〕は、アカウントのお知らせの「楽天ブロードバンド接続用ユーザーID」を入力する。

3-2)〔接続パスワード〕はアカウントのお知らせの「パスワード情報」の英数字が入る。

接続ユーザー名などの変更-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

[接続ユーザー名などの変更-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定]

3-3)入力し終わったら〔進む〕を押す。

3-4)しばらくたって、「パソコンを接続するための設定をします」がでたら〔進む〕を押す。

接続ユーザー名などの変更2-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

[接続ユーザー名などの変更2-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定]

3-5)〔接続成功〕の画面が出たらOK。

「接続成功」-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定

[「接続成功」-バッファロールータの設定-SANNETから楽天へのプロバイダー変更設定]

3-6)〔設定完了〕を押す。

3-7)〔ログアウト〕を押す。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする