Gmailを他のwebメールやメールソフトにバックアップする方法

 Gmailで受信したメールをバックアップする方法をご紹介。

 Gmailで受信したメール、念のために自分のパソコンにもバックアップしておきたい。

 天下のGoogleといえど、どんなアクシデントがあるかわからない。

 メールもバックアップしておきたいものだ。

 さてどんな方法がある?




Gmailで受信したメールを他メールアドレスに転送する

メリット

  • 簡単にできる。
  • 他のwebメールに転送することも、プロバイダのメールサービスに転送することもできる。
  • フィルタを設定すると、特定のメールをまとめて転送できる。
  • Gメールにメールを残すかを選択できる。

デメリット

  • 転送先からはGmailのアドレスで送受信できない。

IMAP を使って、Gmailとパソコンのメーラーと同期を取る。

メリット

  • フォルダ(ラベル)わけも同期される。
  • ローカルパソコンにIMAPを使って同期を取るとインターネットがつながらないオフライン環境でも過去のGmailデータを確認することが出来る。
  • メールデータをGメールに残したままデータのバックアップができる。
  • メーラーからGmailのメールアドレスを送受信で利用できる。

デメリット

  • 間違ってどちらかのメールを削除した場合、同期されてもう一方のメールも削除される。

POPを使って、Gmailで受信したメールを他のメールサービスへバックアップする

メリット

  • Gメールにメールを残すかを選択できる。
  • メーラーからGmailのメールアドレスを送受信で利用できる。

デメリット

  • フォルダ(ラベル)に振り分けたメールは送ることができない。

フリーソフト「Gmail Backup」や「MailStore Home」を利用する。

メリット

  • Gmailへのインポート・エクスポートができる。
  • インターネットがつながらないオフライン環境でも過去のGmailデータを確認することが出来る。

デメリット

  • 外国のソフトなので英語アレルギーがある人はハードルが高い。
  • メールのダウンロードに時間がかかる。

Gmailで受信したメールをバックアップする方法・まとめ

メール どの方法でもメリットデメリットがあるので、その人の利用の状況によって方法を選ぶべし。

 Yahoo!メールの場合IMAP機能は、モバイル(スマートフォンなど)の限定対応。

 自動で別のメールアドレスに転送する場合、Yahoo!メールにメールが残らない。

 OutlookcomだとIMAP機能未搭載(今後搭載予定とのこと)。

 そういう意味では、データバックアップや同期に関してはほかのWEBメールよりGmailのほうが一歩先を行っている?