Thunderbirdで作成したメールを送ってみよう

 メールソフトThunderbirdで作成したメールを送ってみよう。

 添付ファイルをつけることもできる。

 開封確認の要求なんかもつけることができたりして。

 もちろん、送られてきたメールの返信もできる。




Thunderbirdでメールを作成する

 Thunderbirdでメールを作成してみよう。

1.〔ファイル〕⇒〔新規作成〕⇒〔メッセージ〕をクリック。

 又は〔メッセージ〕⇒〔新しいメッセージ〕、あるいは、〔作成〕をクリック。

〔ファイル〕⇒〔新規作成〕⇒〔メッセージ〕-Thunderbirdメールを作成する

[〔ファイル〕⇒〔新規作成〕⇒〔メッセージ〕-Thunderbirdメールを作成する]

〔メッセージ〕⇒〔新しいメッセージ〕-Thunderbirdメールを作成する

[〔メッセージ〕⇒〔新しいメッセージ〕-Thunderbirdメールを作成する]

〔作成〕をクリック-Thunderbirdメールを作成する

[〔作成〕をクリック-Thunderbirdメールを作成する]

2.「差出人」「To・CC・BCC」「件名」の設定をする。

複数のメールアドレスを利用している場合、aの部分をクリックし、メールアドレスを選択する。
bで、「To・CC・BCC」を指定する。
Cの枠内に、文字を入れてenterキーを押すと、アドレス帳に登録された送信先の候補が表示されるので、候補を選択。複数の人に送信する場合は、下の段でさらに候補を選択する。
dの枠の中に件名を入力。
署名は、事前に設定してあるものが、自動的にeの部分に挿入される。
fの部分にメールの内容を入れる。
「差出人」「To・CC・BCC」「件名」の設定-Thunderbirdメールを作成する

[「差出人」「To・CC・BCC」「件名」の設定-Thunderbirdメールを作成する]

*添付ファイルをつける場合は、〔添付〕ボタンを押して、添付するファイルを選ぶ。

3.〔送信〕をクリックすると送信される。

メールに返信する

 送られてきたメールに返信を送ってみよう。

1.〔返信〕をクリック。

〔返信〕をクリック-返信する-Thunderbird

[〔返信〕をクリック-返信する-Thunderbird]

2.開いたウィンドウに返信内容を書き、〔送信〕を押す。

返信内容を書き込み、送信ボタンを押す-返信する-Thunderbird

[返信内容を書き込み、送信ボタンを押す-返信する-Thunderbird]

書いたメールを途中で保存するには

 新規でメールを書いた場合でも、返信メールの場合でも、作成途中で保存することもできる。

1.〔保存▼〕を押す。

2.〔下書き〕を選択。

メールを下書きとして保存-Thunderbird

[メールを下書きとして保存-Thunderbird]

 ファイルやテンプレートとして保存することもできる。

 〔ファイル〕タブから保存を選択することもできる。

〔ファイル〕タブから保存-Thunderbird

[〔ファイル〕タブから保存-Thunderbird]

メールに開封確認をつける

 送ったメールを開封したかどうかの確認を求めることもできる。

1.〔オプション〕をクリック。

2.「開封確認の返送を求める」をクリック。

開封確認を求める-Thunderbird

[開封確認を求める-Thunderbird]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする