iCalendar(iCal )形式でGoogleカレンダーをインポート・エクスポート

 web上のスケジュール管理ツールといえばGoogleカレンダー。

 Android末端との同期もこのGoogleカレンダーを使うことを前提しにしている場合も多い。

 今回はGoogleカレンダーのデータのインポート・エクスポートについて。




Googleカレンダーのインポート・エクスポートできるファイル形式

iCalendar(iCal )形式

 おおよそどんなカレンダーソフトでも利用できる。

 ただし、古いMicrosoftOutlookは1件ずつしかインポートできない。

 ローカルのPCに直接保存することも、インターネット上に保存してURL指定で他のソフトにインポートすることもできる。

CSV ファイル

 表計算ソフトやテキストエディタで開くことができる。

 カレンダーソフトで開く場合、フィールの一致作業があるのでちょっと面倒。

XML

 今回は、iCalendar(iCal )形式のファイルをGoogleカレンダーでインポートエクスポートしてみよう。

Googleカレンダーのデータをパソコン内にエクスポート

1、『マイカレンダー』の横の▼をクリック。

2、『設定』をクリック。

3、『カレンダーをエクスポート』をクリック。

4、名前をつけてファイルをパソコン内に保存する。

*エクスポートされたファイルはzipという圧縮ファイル(中身はiCalendar形式)。

 ダブルクリックすれば自動解凍される。

Googleカレンダーにパソコンのスケジュールデータをインポートする

1、『マイカレンダー』の横の▼をクリック。

2、『設定』をクリック。

3、『カレンダーをエクスポート』をクリック。

4、パソコン内のカレンダーファイルを参照で探し指定。

5、インポートするカレンダー名を選択。

6、『インポート』をクリック。

ちょいっとまとめ

 Googleカレンダーは、最新のブラウザで無いと編集ができなかったりと使いにくい部分もある。

 その代わり、出力正式がいろいろあるのがいい点。