Windows10のモバイルホットスポットでPCを超簡単にWi-Fiルーター化

 Windows10の設定を見ていたら「モバイルホットスポット」というものがあることに気が付いた。

 「モバイルホットスポット」っていったい何?

 もしかしてこれ、SoftAP(ソフトウェア・アクセス・ポイント)、「Virtual Wi-Fi(wireless hosted network 機能・仮想WiFi)」みたいなものなのかな?

 ということは、「モバイルホットスポット」をONにすれば、Windows10を仮想無線LANルーターとして利用できるってこと?

 設定だけで、アクセスポイントとして使うことができるのかな?

 Microsoftの説明を読んでもよくわからない。

 ともかく試してみよう。




「モバイルホットスポット」の設定

1.[スタート]をクリック。

2.[設定]を押す。

Windows10設定

[Windows10設定]

3.[ネットワークとインターネット]を押す。

ネットワークとインターネット-Windows10設定

[ネットワークとインターネット-Windows10設定]

4.[モバイルホットスポット]を押す。

5.「インターネット接続をほかのデバイスと共有します」を[オン]にする。

6.[編集]をクリック。

モバイルホットスポット-Windows10設定

[モバイルホットスポット-Windows10設定]

7.ネットワーク名・パスワードを編集し、[保存]を押す。

ネットワーク名とネットワークパスワードの編集-モバイルホットスポットWindows10

[ネットワーク名とネットワークパスワードの編集-モバイルホットスポットWindows10]

7.ネットワーク名・パスワードを編集し、[保存]を押す。

「モバイルホットスポット」のON・OFF

 タスクバーの通知の部分をクリックすると、「モバイルホットスポット」のON・OFF画面が出てくるので、そこをクリックするだけでON・OFFができる。

「モバイルホットスポット」のON・OFF

[「モバイルホットスポット」のON・OFF]

「モバイルホットスポット」利用でスマートフォンやタブレットの接続できた!

 スマートフォンやタブレットをWi-Fi接続してみよう。

1.スマートフォンやタブレットのWi-Fi接続をONにする。

2.[モバイルホットスポット]で設定したネットワーク名が表示されるので、パスワードを入力。

3.ブラウザに接続。

 おお!やっぱり、ちゃんと「モバイルホットスポット」で接続できた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする