OpenOfficeどれがワードで、どれがエクセル?

 無料オフィスソフト、オープンオフィス(OpenOffice)の基本知識をひとつ。

 無料で利用できるオフィスソフトApache OpenOfficeとLibreOffice。

 OpenOfficeは、表計算ソフト・文書作成ソフト・データベースソフトなどから構成されている。

 エクセルやワードと互換性がある便利なソフトだが、表計算はエクセル(Excel)やワープロソフトはワード(Word)といった呼び名はMicrosoftオフィスのもの。

  OpenOffice・LibreOfficeには別の呼び名がある。

 OpenOffice・LibreOfficeどれがワードでどれがエクセル?

 OpenOfficeもLibreOfficeも呼び名は同じだ。

  • Writer→文書作成ソフト(ワードみたいなもの)
  • Calc→表計算ソフト(エクセルみたいなもの)
  •  Impress→プレゼンテーションソフト(パワーポイントみたいなもの)
  •  Base→データーベースソフト
  • Draw→描画・図形などを行うソフト
  • Math→公式や数式の編集を行うソフト。

 ということで、文書を書きたいと思ったらWriterを、表計算をしたい時にはCalcを使う。

 パワーポイントならImpress。

 使い勝手は、微妙にマイクロソフトのオフィスソフトと違うが、個人で使う分には、十分。

Googleドキュメントなどはまた呼び名が違う

 web上で使うGoogleドキュメントなどはまた呼び名が違う。

 まあ、その話はまた今度。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
OpenOffice.org Calc(表計算ソフト)のデーターを、CSV形式で保存
楽天銀行の利用明細CSVファイルの文字化け
パワーポイントで動画が再生できない
Wordで縦書きの書類を作る
noimage
表計算ソフトで行と列を入れ替える方法
noimage
Microsoftオフィスは要らない無料のエクセル・ワード・パワーポイントがセットになった無料オフィスソフトがある
noimage
Apache OpenOfficeWriter(ライター)の箇条書きの設定・ON・OFF
OpenOfficeCalcのシートの位置を変更する
,OpenOfficeCalcエクセルやオープンオフィスの表計算ソフトの複数シートを印刷する方法
セルの結合・Excel、LibreOfficeCalc、Apache OpenOfficeCalc
ApacheOpenOfficeCalcで別シートのドロップダウンリストを利用してセルを入力する

Menu

HOME

 TOP