「二刀流宛名印刷」のフォントやレイアウトを変更する-無料宛名書きソフト

 無料宛名書きソフト 「二刀流宛名印刷」のフォントを変えてみよう。

 例えば無料で利用できる「衡山毛筆フォント」や手書き風フォント「みかちゃん」を利用すると、一味変わった年賀状の宛名が出来上がる。




無料宛名書きソフト 「二刀流宛名印刷」のフォントを変える方法

1.無料フォントをパソコンにインストールする。

 参考にしてね:フリーの毛筆フォントをWindowsパソコンで使おう

2.「二刀流宛名印刷」を起動させる。

3.利用する住所録ファイルを選択する。

 参考にしてね:宛名書きソフト「二刀流宛名印刷」の住所録切り替え・宛名登録・差出人登録

4.「個別宛名印刷」または「まとめて宛名印刷」をクリック。

「個別宛名印刷」または「まとめて宛名印刷」をクリック-二刀流宛名印刷

[「個別宛名印刷」または「まとめて宛名印刷」をクリック-二刀流宛名印刷]

5.宛先と差出人を設定する。

*差出人と宛先の設定は「無料ソフト「二刀流宛名印刷」-一人分ずつ宛名を印刷する方法」の記事を見てね。

6.プレビューの上にある「レイアウト設定」をクリック。

レイアウト設定-二刀流宛名印刷

[レイアウト設定-二刀流宛名印刷]

7.「フォント設定」でフォントを適応したい項目をクリック。

設定項目をクリックして選択-二刀流宛名印刷

[設定項目をクリックして選択-二刀流宛名印刷]

8.「フォント名」の下のフォントが並んだボックスの中から、適応したいフォントをクリックして選択。

フォント名を選択-二刀流宛名印刷

[フォント名を選択-二刀流宛名印刷]

9.色ボックスをクリックして宛名の色を設定する。

10.サイズ・スタイルを設定。

文字の大きさを変えたり、太字にしたり、斜め字にしたりできる。

11.「個別設定」をチェックする。

 番地を漢数字に変えたり、住所1に入力した内容の途中で改行することができる。

12.「上記変更時に、宛名印刷プレビューへ反映する」にチェックを入れる。

13.「OK」をクリック。

 プレビューを見ながら、色々と設定を変えてみるとよいと思う。

無料フォント・パソコンへのインストール

無料フォントをWindowsにインストールする方法と無料で利用できる毛筆フォントのご案内はこちら

みかちゃんフォントに関してはこちらを見てね