Nexus 7の仕様

 GoogleからNexus 7が販売された。

 値段は、16GBモデルを1万9800円。

 通常のタブレットPCが大きすぎると思っていた管理人にとっては、ちょっと興味がある小さめサイズ。

 


Nexus 7の仕様

重さ約400グラム。

サイズ縦198.5×120mm。

カメラ機能あり。ただし画面正面。

接続Wi-Fi 。

USBスロットル付。
 Windows パソコンに USB 経由で接続して双方向で音楽や画像などのファイルを転送できる様子。
 『パソコンの
USB ポートに接続すると、タブレットの USB
ストレージがドライブとしてマウントされ、パソコン画面に表示されます。これで、他の外部デバイスを使用する場合と同様に、ファイルのコピーができるようになります』
 キーボードやマウスにも接続できる。

OSはアンドロイド4.0.

 


 Nexus 7はスマートフォンより大きく、タブレットPCより小さい位の大きさ。

 

 

 スマートフォンは、維持費かかるし。

 PCを使わない、自宅に通常の電話回線を引かない、ネットは閲覧しかしないって人にはスマートフォンはいいかもしれない。

 自宅に電話回線をつないでいなければ、スマートフォンの接続代を出してもいい。

 けど、自宅の電話を撤去するわけに行かなければ、スマートフォンの接続は割高だ。

 本体価格も高いし。

 実質ゼロ円とか書いてあっても、よく話を聞くと、パケホーダイからの割引×使用期間の縛り=本体価格で実質ゼロ円と言う計算。

 通話代金は高いし、パケホーダイも残高を払わないといけない。

 同じキャリア同士なら、通話題はゼロと言うが、普通の電話の代わりに使うなら、同じキャリアにかけるばかりじゃないし。

 

 そう考えると、『普通の携帯電話でいいかな?』とおもちゃうよ。

 

 

 通話は、普通の携帯電話で十分と思う管理人のような人には、Nexus 7はいいかも。

 

  うーん、これで、Googleマップがオフラインで使うことができれば、申し分ない。

 

 

 しかし、iosとアンドロイド、モバイルのOSはどちらが主流になるんだろう?

 そんなこと考えると、もっと安い中国産パットでもいいかも知れない。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

Windows7で拡張子を表示させる方法

noimage

EV SSL証明書を利用するためのパソコンの設定

noimage
noimage
noimage
noimage

CSVとVcardを変換するソフト

noimage

システムの復元の使い方

noimage

キーボードを切り替えよう

noimage

Business Calendar Freeはスタイリッシュで使いやすい

noimage
noimage

OpenOffice.orgからLibreOfficeとApache OpenOfficeへ

noimage
noimage
noimage

bloggerにはトラックバックの機能が無い

Menu

HOME

 TOP