エクセル簿記どこから入力を始める?

薄緑のセルは入力可-エクセル簿記 フリーソフト・アプリ・Webサービス
薄緑のセルは入力可-エクセル簿記
フリーソフト・アプリ・Webサービス
この記事は約2分で読めます。

 エクセル簿記、いったいどこから入力を始めたらよい?

 仕訳から入力してもよいし、決算書から入力してもよいらしい。

 もちろん、減価償却資産から入力してもよいのだろうけど。

 うちは、いつも決算書の貸借対照表から入力している。

広告

薄緑色のセルが入力できるセル

 エクセル簿記は白い色のセルは、基本的には入力できないセル。

 白いセルは、自動計算されて、自動的に数値が入るセルだ。

 薄い緑色のセルが入力できる。

 これは、仕訳帳でも、決算書でも同じ仕様だ。

 ただし、シートの保護を解除すると白いセルでも入力できるようになる。

薄緑のセルは入力可-エクセル簿記

薄緑のセルは入力可-エクセル簿記

エクセル簿記のシートの種類

 エクセル簿記の各シートについてちょっと説明。

決算書①のタブ

 エクセル簿記の〔決算書①〕のタブは損益計算書。

 損益計算書は、仕訳帳の入力をすると自動的にほとんどの数値が入力される。

決算書①のタブ(損益計算書)-エクセル簿記

決算書①のタブ(損益計算書)-エクセル簿記

②のタブ

 エクセル簿記の〔②〕のタブは控除関係の計算をするページ。

③のタブ

 エクセル簿記の〔③〕のタブは減価償却費の計算をするシート。

④のタブ

 エクセル簿記の〔④〕のタブは貸借対照表のシート。

決算書④のタブ(貸借対照表)-エクセル簿記

決算書④のタブ(貸借対照表)-エクセル簿記

 こちらは、前年の確定申告書の期末の数字を期首に入力する。

その他のタブ

 元帳や台帳は他のシートに連動しているので、こちらも基本的に入力することがない。

エクセル簿記どこから入力を始める?

 前年も確定申告していて、貸借対照表があれば、エクセル簿記の〔④〕のタブ・貸借対照表のシートから入力していくとわかりやすい。

 事業開始年の確定申告なら、元入れ金を仕訳しないと貸借対照表などに反映されないので、事業開始年なら仕訳帳から入力していく。

 まあ、エクセル簿記の〔④〕のタブ・貸借対照表のシートからでも、仕訳帳からでも、どちらでもやりやすい方でよいと思うけど。

 減価償却は、年の終わりにならないと、償却期間がわからないので、やはり、エクセル簿記の〔④〕のタブ・貸借対照表のシートからか、仕訳帳から入力していくのが良いのではないかと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました