エクセルで数字を四捨五入・切捨て・切り上げ処理してみよう

 表計算ソフトで計算したときに、端数を切り捨てたり、切り上げたり、または、四捨五入したい。

 こんなときは関数を使う。

 


端数の切り上げ・切り下げ・四捨五入を指定する関数

・切り上げ → ROUNDUP

・切り捨て → ROUNDDOWN

・四捨五入 → ROUND

 例として、エクセルで説明すると。

 


ROUNDUP・ROUNDDOWN・ROUNDの使い方

1、四捨五入・切り上げ・切り捨てした数字を入れたいセルをクリック。

2、ツールバーの=の文字をクリック。

3、関数を選択。
 下の図の▼をクリックすると、関数が出てくる。
切り上げ 切捨て 四捨五入 表計算 エクセル
 見当たらないときは『その他の関数』をクリックし、ROUND(四捨五入)・ROUNDUP(切り上げ)・ROUNDDOWN(切り捨て)を選択。

4、一段目の空欄に、ROUND(四捨五入)・ROUNDUP(切り上げ)・ROUNDDOWN(切り捨て)をしたい元の数字の入ったセルを指定する。

5、二段目の空欄に端数処理したい桁を記入する。
 例えば、213.4567を四捨五入処理した場合
 ・0→213
 ・1→213.5
 ・2→213.46
 ・3→213.457
 ・十の位は『-1』、百の位は『-2』で指定する。

6、『OK』をクリック。

 

 オープンオフィスなどでも、多分使ってる関数は同じだと思う。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

Linuxのメリットとデメリット

キートップの文字が消えない「レーザー印字」ロジクール K310 Washable Keyboard
noimage
noimage

付属CDを使わずにルーターの設定をしてみよう

noimage

Google VoiceとSkypeどちらがお得?

noimage

Googleアドセンスの検索ボックスが文字化けしていた

noimage
noimage
noimage

Gメールをストレージとして使うことのできるソフト

noimage
noimage

MoneyLookのCSVファイルをMoney通帳に取り込む

noimage

WindowsXPの次は

近日中に提供を停止するYahoo!のサービス

近日中に提供を停止するYahoo!のサービス

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

Menu

HOME

 TOP