IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう

 年賀状の宛名書き。

 日本人の名前は面倒くさい。

 でも、まったくの当て字でもなければ、マイクロソフトのIEMの設定をすると割と難しい名前でもちゃんと出てくる。

IEMを名前モードにしよう

1、IEMの『ツール』をクリック。

IEM『ツール』

[IEM『ツール』]

2.『プロパティ』をクリック。

IEM『ツール』プロパティ

[IEM『ツール』プロパティ]

3.『辞書/学習』タブをクリック。

2、システム辞書の「MicrosoftIEM人名地名辞書」にチェックを入れる。

3、OKボタンをクリック。

IEM『ツール』MicrosoftIEM人名地名辞書

[IEM『ツール』MicrosoftIEM人名地名辞書]

 ここまででも、結構な名前が出てくるのだが、もっと、名前に特化したいのなら、さらにIEMを名前モードにしてしまおう。

4、IEMの変換モードをクリック。

5、『人名地名』をクリック。

IEMの変換モード

[IEMの変換モード]

・たとえば、MicrosoftIEMで変換モードを『人名/地名』にした場合、「すまこ」と入力すると
人名/地名モード⇒変換候補は9個出て来る。
一般モード⇒変換候補は7つ出て来る。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ノートパソコンの電源が入らなくなったらバッテリーをはずしてみよう
富士通やシャープのスマートフォンのデータ削除の方法は?
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」
GooglePlayからAndroidアプリをダウンロードしよう
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
Windows10の電卓で何ができる
csv形式を覚えておくと、データーの共有に役立つ
noimage
インターネットで誹謗中傷を見つけたときの相談窓口
Windows10でダウンロードデーターの保存
F-03D Girls’(AndroidOS2.35)のGPS機能のON・OFF
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
Microsoftパワーポイントを開いたらパソコンがのっとられる?
ショートカット騒動
パスワードディスクの保管にはご注意を

Menu

HOME

 TOP