ハードデスクの空き領域に数字などを上書きして、データを読み取れなくするDisk FreeSpace Cleaner

 ハードデスクの空き領域に数字などを上書きして、データを読み取れなくするフリーソフトもいろいろあるが、「Disk FreeSpace Cleaner」というソフトが使いやすかった

 「Disk FreeSpace Cleaner」はCipherコマンドと似ているが、上書き回数を選ぶことができる。




Disk FreeSpace Cleanerを使う前に

 Disk FreeSpace Cleanerはハードディスクの空き領域に数字などを上書きし、(見かけ上削除した)データを読み取れなくする。

 空き領域以外は上書きできないので、ゴミ箱にファイルを捨てただけでは、Disk FreeSpace Cleanerを使っても、ゴミ箱内のファイルは見える(復元できる)。

 なのでDisk FreeSpace Cleanerを使う前に

不要なファイルをゴミ箱に捨てた後に、ゴミ箱からファイルを削除しておく。

 あるいは、

ハードディスクを1回初期化してデータを削除しておく。

 必要がある。

ゴミ箱のファイルを削除するには

 ゴミ箱にいれたデータを空にする(空き領域を増やす)には

1.ゴミ箱を右クリック。

2.「ゴミ箱を空にする」をクリック。

ゴミ箱を右クリック⇒ゴミ箱を空にするをクリック-ゴミ箱を空にする

[ゴミ箱を右クリック⇒ゴミ箱を空にするをクリック-ゴミ箱を空にする]

3.「このファイルを完全に削除しますか」と聞かれるので「はい」を押す。

ファイルを完全に削除するかどうか聞かれるので「はい」を押すゴミ箱を空にする

[ファイルを完全に削除するかどうか聞かれるので「はい」を押す-ゴミ箱を空にする]

 でも、これだけではファイルは専用のソフトを使うと復元できる。

 ここからが、Disk FreeSpace Cleanerの出番。

Disk FreeSpace Cleanerの使い方

1.Vector のダウンロードページへアクセス。

2.「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロード。

3.ダウンロードした圧縮ファイル(DKFSCLN100.zip)を右クリックで解凍。

4.セットアップファイル(DKFSCLN_100_Setup.exe)をダブルクリック。

5.画面の指示に従ってインストールする。

6.ソフトを起動し、ドライブ・書き込み回数(1回書き込み/3回書き込み)・完了後の動作(完了後、Windows をシャットダウン)項目を選択し、〔開始〕を押す。

Disk FreeSpace Cleanerの設定

[Disk FreeSpace Cleanerの設定]

7.「ディスク・ワイプ処理を開始しますか?」の画面が出たら「はい」を押す。

8. 処理が終わると、「ディスク・ワイプ処理が完了しました。」とメッセージが表示されるので〔Ok」を押す。

「Disk FreeSpace Cleaner」はCipherコマンド

 「Disk FreeSpace Cleaner」と「Cipherコマンド」

 どう違うかといえば、「Disk FreeSpace Cleaner」はCipherコマンドよりやや処理が遅い。

 その代わり、NTFSでフォーマットされていない場合でも利用できる。

 書き込み回数が選択できる。

 ただし、どちらを利用しても、処理に半日くらいはかかる(容量によっても違うが)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする