1Sheetの中に1ページ分のデータしかない場合の両面印刷の方法

 Excel等の表計算ソフトで1Sheetの中に1ページ分のデータしかないが両面印刷したい。

 手差しで表裏印刷するのも面倒だ。

 自分だけが使うデータなら、初めから、1Sheetの中に2ページ分のデータを作ってしまうんだけど、会社の共有データだとそうもいかない。

 1Sheetの中に1ページ分のデータしかない場合でも、プリンターによっては、ちゃんと両面印刷できる場合もあるらしい。

 でも、うちの会社のプリンターは、1Sheetの中に1ページ分のデータしかない場合、両面印刷を指定しても、片面はデータが印刷されるけど、裏面は白紙のままなのだ。

 さてどうしよう。




1Sheetの中に1ページ分のデータしかない場合の両面印刷

 結局のところ、1ページ目をコピーして、2ページ目を作って両面印刷するのが一番簡単。

 Excelだけでなく、LibreOfficeCalcやOpenOfficeCalcでも考え方や操作は同じ。

1ページ分をコピーして2ページ目を作る

 図はLibreOfficeCalcだが、ExcelでもOpenOfficeCalcでも、操作は同じ。

1.1ページ目の行NO(行番号)をクリックしそのまま行の終わりまでを範囲指定。
1ページ目の行番号をクリックし、ページの終わりまで範囲指定-LibreOfficeCalc、ExcelでもOpenOfficeCalc

[1ページ目の行番号をクリックし、ページの終わりまで範囲指定-LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalc]

2.右クリックでコピー。
3.1ページ目が終わった後の行番号を右クリックし、「貼り付け」でデータを張り付ける。
1ページ目が終わった後の行を右クリックし、「貼り付け」でデータを張り付ける-LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalc

[1ページ目が終わった後の行を右クリックし、「貼り付け」でデータを張り付ける-LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalc]

 このまま、印刷するページを2ページ・両面印刷に設定して印刷する。

 2ページ目を残したくなければ、保存をかけなければパソコンの中に残らない。

セルをコピーすると行の高さや文字の大きさなどがそのままコピーされず、再調整することになる。必ず行番号をクリックし、行ごとコピー・貼り付けをする。

改ページプレビューでページ設定を調整する

 1Sheetの中のデータが1ページにきちんと収まっていれば、上のように「1ページ分をコピーして2ページ目を作って印刷」が簡単にできる。

 面倒なのは、1ページ目のデータが1ページに収まっていない場合。

 1ページだけの印刷なら、印刷設定の拡大縮小で「1Sheetを1ページに収める」できれいに収まるが、両面印刷にしたい場合は、改ページプレビューを使うと簡単。

 2ページ目を作ってから、改ページプレビューで調整してもOK。

 LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalcともに、同じ操作ができる。

1.タブの〔表示〕をクリック。
2.〔改ページプレビュー〕をクリック。
3.1ページに収まるようにブルーのラインをドラッグする。
改ページプレビューでページ設定を調整する-LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalc

[改ページプレビューでページ設定を調整する-LibreOfficeCalc、Excel、OpenOfficeCalc]