OpenOfficeやLibreOfficeどれがワードで、どれがエクセル?

オフィスソフト フリーソフト・アプリ・Webサービス
オフィスソフト
フリーソフト・アプリ・Webサービス
この記事は約3分で読めます。

 無料で利用できるオフィスソフトApache OpenOfficeとLibreOffice。

 OpenOfficeは、表計算ソフト・文書作成ソフト・データベースソフトなどから構成されている。

 エクセルやワードと互換性がある便利なソフトだが、表計算はエクセル(Excel)やワープロソフトはワード(Word)といった呼び名はMicrosoftオフィスのもの。

  OpenOffice・LibreOfficeには別の呼び名がある。

広告

 OpenOffice・LibreOfficeにおける各ソフトの呼び名

  OpenOfficeもLibreOfficeも呼び名は同じだ。

Wordに該当するのは?

 ワープロ(文書作成)ソフトは「Writer(ライター)」という。

 writer(ライター)は名作家、著者、作者、書き手、原作者、筆者、ライター、物書きといった意味。

 OpenOfficeなら「OpenOfficeWriter」。

 LibreOfficeなら「LibreOfficeWriter」。

エクセルに該当するのは?

 表計算ソフトであるExcelに該当するのは、「Calc(カルク)」。

 「Calc(カルク)」は「計算」を表す英単語「calculation」「calculator」などの略称。

 OpenOfficeなら「OpenOfficeCalc」。

 LibreOfficeなら「LibreOfficeWriter」。

パワーポイントに該当するのは

 プレゼンテーションソフトであるパワーポイントに該当するのは、「Impress(インプレス)」。

 「Impress(インプレス)」には、「印象を与える、印象づける、銘記させる、焼きつく、(…を)痛感させる、強く認識させる、(…で)感銘を与える、感動させる、(…に)押す、刻印する」といった意味がある。

 OpenOfficeなら「OpenOfficeImpress」。

 LibreOfficeなら「LibreOfficeImpress」。

その他

  •  Base→データーベースソフト
  • Draw→描画・図形などを行うソフト
  • Math→公式や数式の編集を行うソフト。

 ということで、文書を書きたいと思ったらWriterを。

 表計算をしたい時にはCalcを使う。

 パワーポイントならImpress。

 使い勝手は、微妙にマイクロソフトのオフィスソフトと違うが、個人で使う分には、十分。

Googleドキュメントなどはまた呼び名が違う

 web上で使うGoogleドキュメントなどはまた呼び名が違う。

  • ドキュメント→文書作成(ワードみたいなもの)
  • スプレッドシート→表計算(エクセルみたいなもの)
  • プレゼンテーション→プレゼンテーション(パワーポイントみたいなもの)

オフィスソフトの呼び名まとめ

「writer(ライター)」「ドキュメント」「Word」→文書作成(ワープロ)。
「スプレッドシート」「Calc(カルク)」「Excel」→表計算。
「プレゼンテーション」「Impress」「パワーポイント」→プレゼンテーション。

 呼び名が違うと、色々わかりにくい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました