OpenOfficeどれがワードで、どれがエクセル?

 無料オフィスソフト、オープンオフィス(OpenOffice)の基本知識をひとつ。

 無料で利用できるオフィスソフトApache OpenOfficeとLibreOffice。

 OpenOfficeは、表計算ソフト・文書作成ソフト・データベースソフトなどから構成されている。

 エクセルやワードと互換性がある便利なソフトだが、表計算はエクセル(Excel)やワープロソフトはワード(Word)といった呼び名はMicrosoftオフィスのもの。

  OpenOffice・LibreOfficeには別の呼び名がある。




 OpenOffice・LibreOfficeどれがワードでどれがエクセル?

 OpenOfficeもLibreOfficeも呼び名は同じだ。

  • Writer→文書作成ソフト(ワードみたいなもの)
  • Calc→表計算ソフト(エクセルみたいなもの)
  •  Impress→プレゼンテーションソフト(パワーポイントみたいなもの)
  •  Base→データーベースソフト
  • Draw→描画・図形などを行うソフト
  • Math→公式や数式の編集を行うソフト。

 ということで、文書を書きたいと思ったらWriterを、表計算をしたい時にはCalcを使う。

 パワーポイントならImpress。

 使い勝手は、微妙にマイクロソフトのオフィスソフトと違うが、個人で使う分には、十分。

Googleドキュメントなどはまた呼び名が違う

 web上で使うGoogleドキュメントなどはまた呼び名が違う。

 まあ、その話はまた今度。