パソコン買ったら、リカバリディスクがあるかどうか確認してね

 今回は、『パソコンを買ったら、絶対しないといけないこと』

 パソコン買いました。
 電源入れて、それから何する?

 いやいや、一番初めは、リカバリディスクが付属しているかどうか確認しないとね。


リカバリディスクとは?

 OS再インストール、工場出荷時の状態に戻すことのできるディスク。
 パソコンが不調になり、他の方法では対処できないときに使用する。

 名称は、各メーカーによって違っていて、「リカバリディスク」「リカバリCD」「リカバリDVD」「セットアップディスク」「再セットアップディスク」「リカバリーCD」「インストールCD」「インストールディスク」などいろいろ。


 この大切なリカバリディスク、大体DVDやCDなどの形で入っている。
 がたまに、入っていないことがある。
 
 この場合、リカバリディスクを作っておかないと、いざ、パソコンがまともに動かなくなったときに困ってしまう。

 万が一、リカバリディスクが無いのに調子が悪くなった場合、ハードディスク自体に損傷が無ければ、ディスクが無くてもリカバリできる可能性はある。

 が、結構面倒。

 また、メーカーによっては、リカバリディスクが付属していても、紛失・破損した場合、最入手できないことも。


 と言うわけで、パソコンを買ったら、まずはリカバリディスクが付属しているかどうかを確認するのが最初の作業。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする