Thunderbirdのすべてのデータをバックアップする

 Thunderbirdは無料で使うことのできる、高機能なメールソフト。

 Thunderbirdには、「プロファイル(Profiles )」というフォルダにメール・アドレス帳・パスワード・個人設定・メールフィルタ・アドオンなどの全てのデータを保存している。

 このProfiles をUSBなどに定期的にバックアップしておくと、PCをかえた時などでもすぐに復元できる。




Thunderbirdの全データをバックアップ

1.Windows 10の〔スタート〕ボタンを右クリック。

2.〔エクスプローラー〕を押す。

〔スタート〕を右クリック⇒〔エクスプローラー〕を押す-Windows 10

[〔スタート〕を右クリック⇒〔エクスプローラー〕を押す-Windows 10]

3.〔PC〕を押す。

4.アドレスバーに「%APPDATA%\Thunderbird」を入力し、enterキーを押す。

〔PC〕⇒アドレスバーに入力⇒enterキーを押す-Windows 10

[〔PC〕⇒アドレスバーに入力⇒enterキーを押す-Windows 10]

5.Profilesフォルダが表示されるので、〔Profiles〕フォルダをクリック。

6.〔××.default〕のフォルダを右クリックし、コピーする。

〔××.default〕-Thunderbird-Windows 10

[〔××.default〕-Thunderbird-Windows 10]

7.USBなどの中に貼り付ける。

Thunderbirdのバックアップデータを復元する

1.Windows 10の〔スタート〕ボタンを右クリック。

2.〔エクスプローラー〕を押す。

〔スタート〕を右クリック⇒〔エクスプローラー〕を押す-Windows 10

[〔スタート〕を右クリック⇒〔エクスプローラー〕を押す-Windows 10]

3.〔PC〕を押す。

4.アドレスバーに「%APPDATA%\Thunderbird」を入力し、enterキーを押す。

〔PC〕⇒アドレスバーに入力⇒enterキーを押す-Windows 10

[〔PC〕⇒アドレスバーに入力⇒enterキーを押す-Windows 10]

5.Profilesフォルダが表示されるので、〔Profiles〕フォルダをクリック。

6.バックアップしておいた〔××.default〕のフォルダを張り付ける。

7.アドレスバーの「Thunderbird」をクリック。

アドレスバーの〔Thunderbird〕をクリック-Thunderbird-Windows 10

[アドレスバーの〔Thunderbird〕をクリック-Thunderbird-Windows 10]

8.〔profiles.ini〕をダブルクリック。

〔profiles.ini〕をダブルクリック-Thunderbird-Windows 10

[〔profiles.ini〕をダブルクリック-Thunderbird-Windows 10]

9.開いた〔profiles.ini〕の中の「Path=Profiles/」の後にある「○○.default」の○○の部分を張り付けた〔××.default〕の××に書き換える。

10.上書き保存する。

Yahoo!メールなどのバックアップに便利

 Yahoo!メールなどをThunderbirdで送受信できるようにしておくと、メールの内容などを丸ごとバックアップできて大変に便利。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする