ウェブページからIPアドレスが自動習得になっているか確認してみよう

 最近は、ちょっと気の効いたホテルでは、インターネットに接続できることが多い。

 ホテルのインターネット接続には、自分のプロバイダーの設定は関係ないらしい。 

 ホテルの側で、プロバイダーと契約しているので、PCをつなぐだけで、設定がどうであれ、IPアドレスが自動習得にさえなっていれば、接続はできるのだそうだ。

 ま、当たり前と言えば当たり前。

 ホテルによっては、ホテル側の契約した、IDとパスワードを入力しなければいけないところもあるそうだが。

 では、IE11、Chrome、Microsoft EdgeそれぞれについてIPアドレスが自動習得になっているか確認してみよう。




IE11でIPアドレスが自動習得になっているか確認する

1.ツール→インターネットオプションをクリック。

ツール→インターネットオプション-IE11

[ツール→インターネットオプション-IE11]

2.接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック。

接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック-IE11

[接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック-IE11]

3.ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定画面の自動構成、「設定を自動的に検出する」にチェックを入れる。

設定を自動的に検出する-IPアドレスの自動設定-IE11

[設定を自動的に検出する-IPアドレスの自動設定-IE11]

4.OKをクリック。

5.インターネットオプションの画面に戻るので、再度OKをクリック。

*webページから設定する方法以外にも、コントロールパネルから、接続の設定を確認することもできる。

GoogleChromeでIPアドレスが自動習得になっているか確認する

1.GoogleChromeの設定→〔設定〕をクリック。

GoogleChromeの設定-Chrome

[GoogleChromeの設定-Chrome]

2.〔詳細設定〕をクリック。

詳細設定をクリック-Chrome

[詳細設定をクリック-Chrome]

3.[プロキシ設定を開く]をクリック。

プロキシ設定を開く-Chrome

[プロキシ設定を開く-Chrome]

4.接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック。

接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック-IE11

[接続のタブをクリック→LANの設定ボタンをクリック-インターネットオプション-IE11・Chrome]

5.ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定画面の自動構成、「設定を自動的に検出する」にチェックを入れる。

設定を自動的に検出する-IPアドレスの自動設定-IE11

[設定を自動的に検出する-IPアドレスの自動設定-インターネットオプション-IE11・Chrome]

6.OKをクリック。

7.インターネットオプションの画面に戻るので、再度OKをクリック。

Microsoft EdgeでIPアドレスが自動習得になっているか確認

1.〔設定など〕→〔設定〕をクリック。

設定-Microsoft Edge

[設定-Microsoft Edge]

2.〔詳細設定を表示〕をクリック。 

詳細設定を表示-Microsoft Edge

[詳細設定を表示-Microsoft Edge]

3.〔プロキシセットアップを開く〕をクリック。 

プロキシセットアップを開く-Microsoft Edge

[プロキシセットアップを開く-Microsoft Edge]

4.〔自動プロキシセットアップ〕の「設定を自動的に検出する」を〔ON〕にする。

自動プロキシセットアップ〕の「設定を自動的に検出する」を〔ON〕-Microsoft Edge

[自動プロキシセットアップ〕の「設定を自動的に検出する」を〔ON〕-Microsoft Edge]

デフォルト設定ではIPアドレスが自動検出になっている

 IE11、Chrome、Microsoft Edgeともに、デフォルト設定は「IPアドレスが自動習得」になっている。

 が、何かの拍子に手動になっていたりすると戸惑うので、覚えておくといいかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする