メールを送る人と宛先-From・Sender・TO・CC・BCC・Resent-To・Reply-to

 From・Sender・TO・CC・BCC・Resent-To・Reply-toとか。

 FromやTOはメールを送る時、必ず設定するものだが、From・Sender・TO・CC・BCC・Resent-To・Reply-to、どう使い分けたらよいのだろうか?




メールを送る人の情報:FromとSender

 From:「差出人(文責者)」、Sender:「送信者」を設定するもの。

 通常は、From=Senderだが、メール文書の内容に責任を持つ人がFrom、送信する人がSender。

From

 複数のメールアドレスを指定することができる。

 メール送信する時には必ず必。

Sender

 1つのメールアドレスのみ指定可能。

 差出人(From)と違う場合(例えば差出人が複数の場合)は必ず必要。

 基本的に差出人(From)と同じ場合は設定してはいけない。

Resent-To

 Resent-Toは再送用。

 例えば、AからBに送られたメールをBからCへ送る場合に使用する。

宛先情報To・CC・BCCの区別はどうする?

 To・CC・BCCともメールの宛先を指定するものだが、使い方には、差がある。

宛先が「To」

 Toはメールの主な送り先に使用する。

 複数の設定も可能。

 Thunderbirdは「To」でなく、「宛先」になっている。

宛先が「CC」

 「CC」はカーボンコピー(Carbon Copy)の略。

 メールの受取人は、「宛先:」と「Cc:」の欄に書かれたメールアドレスを知ることができる。

宛先が「BCC」

 BCCは ブラインドカーボンコピー(Blind Carbon Copy) の略。

 BCC欄に書かれたアドレスにもメールが送信される。

 メールの受取人(To・CC共に)は、この「Bcc:」欄に書かれたメールアドレスを知ることができない。

 要は、「同じ内容のメールを複数の人に送りたいが、他の人にはBの人に同じメールを送ったことを知られたくない。」といった場合に、BのメールアドレスをBCC欄に入力して送る。

Reply-to

 「Reply-to」は「返信先用のメールアドレス」。

 普通は、あまり使わないが、送り主のメールアドレス以外のアドレスに返信してほしい場合に設定する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする