SSL設定の更新手続きが失敗

 「SSL設定の更新手続きが失敗しました」というメールがサーバー(スターサーバー)から届いた。

 レンタルサーバーにアクセスして、手動で更新したら、これまたダメ。

 なぜ?




SSL設定の更新手続きが失敗する原因

 SSL設定の更新手続きが失敗する原因として考えられるのは

対象ドメインが無効
コモンネームの参照先が対象サーバ(0fb)でない。
.htaccess に設定の以下「サイトリダイレクト(自動転送)」、「アクセス制限・BASIC認証などのコンテンツ表示を制限する」記述がある。

 「対象ドメイン」は有効だし(期限切れとかでもない)、.htaccessに問題はない。

 あと考えられるのは、「コモンネームの参照先が対象サーバ(0fb)でない」「ドメインの提供元がメンテナンス中」

 コモンネームは(サブ)ドメイン部分だし、これも問題なし。

 いったい、何が原因なんだ。

レンタルサーバーの説明をよく見ると

 レンタルサーバーの説明をよく見ると、SSL設定の更新手続きが失敗する原因は、上記以外に、

ドメインの提供元がメンテナンス中

 というものがあるみたいだ。

結局ドメインのメンテナンス中だった

 ドメインの管理をしているムームードメインにログインしてみたら、「.orgのドメインはメンテナンス中」のお知らせがあるのに気が付いた。

 で、メンテナンスが終わった段階で、再度、スターサーバーでSSL設定の更新手続きをしたら、ちゃんと更新できた。

 「ドメインの提供元がメンテナンス中」

 これが、今回、SSL設定の更新手続きが失敗した原因だったようだ。

 SSL設定の更新手続きをしたタイミングと、「ドメインの提供元のメンテナンス」が重なった結果、「SSL設定の更新手続きが失敗」ということになった模様。

 一番単純な理由だったという次第。

 メールに書いていない原因だった分、はじめ気が付かなかった。

 焦らせないでよ…。

本日の教訓

 SSL設定の更新手続きが失敗したら、まずは、「ドメインの提供元がメンテナンス中」でないか確認しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする