USBにLinuxOSをインストールする方法

 LinuxOSは、USBにもインストールできる。

 USBにインストールできると、便利だよねえ。

 というわけで、LinuxのUSBインストール方法。

LinuxのISOイメージファイルをダウンロードしておこう

Puppy Linux(パピーリナックス)日本語版のダウンロードはこちら

UbuntuのISOイメージファイル日本語版のダウンロードはこちら

無料ソフトウェアの「UnetBootin」を使って、USBにLinuxOSをインストールしてみよう

 UnetBootinを使うと、簡単にUSBにLinuxOSをインストールできる。

1、UnetBootinにアクセス。

2、WindowsOSのユーザーの場合、「Download(forWindows)」をクリック。

3、UnetBootinからダウンロードしたファイルをダブルクリック。

4、セキュリティの警告が表示される場合は、「実行」をクリック。 

5、UnetBootinの「Diskimage」にチェックをいれ、ISO、ダウンロードしたISOファイルを指定。

6、Typeは「USB Drive」を選択、Driveは接続したUSBメモリーを指定⇒「OK」をクリック。

LinuxをUSBから起動してみよう

1、パソコンを再起動し、F10を押す。

2、BootMenu画面でUSBを選択し、Enterキーをおす。

 BIOSの設定を変更すると、毎回F10を押して起動しなくてもUSBから起動できる。

 けど、初心者がBIOSをいじるのはちょっと怖いので、慣れて無い人は、毎回F10から起動したほうがいいかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする