頑固なプリンターの目詰まりに、エタノールカートリッジの作り方

 ヘッドクリーニングしても直らないプリンターインクの目詰まり。

 お役に立つのが空になったインクカートリッジに無水エタノールをつめて、ヘッドクリーニングする方法。

 プリンターを分解する必要がないので、ある程度気軽に試すことができる。

 エタノールをつめたインクカートリッジの作り方については、ヘッドクリーニングしても直らないプリンターの目詰まりの直し方にも簡単に記事にしたのだが、もうちょっと具体的に。




エタノールカートリッジの材料

1.無水エタノール

 消毒用エタノール(アルコール成分70%程度)でもかまわないが水分量が多いのでプリンターヘッドが乾燥するまで時間がかかる。
無水エタノール(500mL)

2.シリンジまたはスポイト

 100円均一で売ってる化粧品用の詰め替えスポイトなどで十分。

 詰め替え用のシリンジも売っている。

3.使用済みで空になったインクカートリッジ
4.セロテープなどを少量
5.錐などの先端のとがったもの
5.作業台として、古い雑誌など
7.ぼろ布かティッシュ

エタノールカートリッジの作り方

1.インクカートリッジの排出口をぼろ布などできれいにふき取り、セロテープでふさぐ。

2.インクカートリッジの背面のシールの裏に穴があるので、その部分のシールに錐などで穴を開ける。

3.シリンジ・スポイトに無水エタノールを吸い取り、2であけた穴にエタノールを注入する。

4.穴の周囲をふき取って、セロテープなどでふさぐ。

5.インクカートリッジの排出口に貼り付けたセロテープをはがす。

エタノールカートリッジの使い方

1.エタノールカートリッジをプリンターにセットする。

2.プリンターヘッドをクリーニングする。

3.エタノールカートリッジを外す。

4.半日ほど置いてから、通常のインクカートリッジで印刷をしてみる。

 プリンターの機種によっては、ICチップリセッターなどが必要になる場合もあるようだ。

 管理人のプリンターは古いcannonのIP3100で、ICチップは関係ないので、インクの詰め替えも楽。

 このプリンター、10年以上使っている、骨とう品のようなもの。

 古いプリンターもメリットがあるものだ。