Simplicity2のビジュアルエディタ「スタイル」の実験

 今使っているWordPressテーマ「Simplicity2」の投稿画面のビジュアルエディタには「スタイル」というのがある。

 この、スタイルの利用の仕方、あまりよくわかっていなかったので、どんな風に使えるか実験してみよう。

スタイルのボックスでどんな風になる?




スタイルボックスprimaryの場合

WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスprimaryの場合

<div class="sp-primary">WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスprimary</div>

 というように表記される。

 WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスprimary

上のような表示になる。

WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスsuccessの場合

 スタイルボックスsuccessの場合は

 <div class="sp-success">テーマのSimplicity2スタイルボックス</div>

 と表記され、下のような表示になる

テーマのSimplicity2スタイルボックス

WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスinfoの場合

 WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスinfoの場合

<div class="sp-info">WordPressのスタイル</div>

 と表記され、下のような表示になる。

WordPressテーマSimplicity2スタイルボックスinfo

WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスwarningの場合

 WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスwarningの場合

<div class="sp-warning">WordPressのスタイルwarning</div>

 と表記され、下のような表示になる。

WordPressのスタイルwarning

WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスdangerの場合

 WordPressテーマのSimplicity2スタイルボックスdangerの場合

<div class="sp-danger">WordPressのスタイルdanger</div>

 と表記され、下のような表示になる。

WordPressのスタイルdanger

テーマを変えたら適応されない

 便利といえば便利だが、当然WordPressのテーマを変えたら適応されないので・・・。

 使うかどうかは微妙。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする