表計算ソフトのセルの移動の基本的な操作

 表計算ソフトで、入力欄の移動をしたいときの基本的な方法をおさらいしてみよう。


下方向への入力セルの移動

・Entereキーを押す。

 

右方向への入力セルの移動

・[→]キーや[Tab]キー を使って移動させる。

 

上方向への移動

・[Shift]キー+Entereキーを押す。

 

左方向への移動

・[Shift]キー+[Tab]キー を押す。

 

データ範囲内での移動

[Ctrl] + [↓]一番下の行へ移動
[Ctrl] + [↑]一番上の行へ移動
[Ctrl] + [→]一番右の列へ移動
[Ctrl] + [←]一番左の列へ移動
[Home]左端のへ移動
[Ctrl] + [Home]左上のへ移動
[Ctrl] + [End]データ範囲の右下のセルに移動

 

 この、表計算ソフトのセルの移動方法はExcelでもOpenOffice.orgCaclでも同じ操作でできるので覚えておくと便利かもしれない。

 enterキーを押すと横(右)のセルに移動する設定というのもあるが、基本的な操作を覚えるのがまずは一番かも。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
noimage

無料Wi-Fi公衆無線LANサービス「セブンスポット」

noimage
noimage
noimage

WindowsXPの次は

noimage

Windows7で拡張子を表示させる方法

noimage

Lunascapeの使い心地は

noimage
noimage

meta keyword(メタ キーワード)をSEOに役立てよう

noimage

Windows7の便利アプリ・電卓

noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP