webメールのパスワードと他のサイトのパスワードは別のものを設定しよう

 Gmailの乗っ取りが結構頻繁にあるらしい。

 Gmailはパスワードを2重承認にしたりして対処をしているようだが、それにもかかわらず、Gmailをのっとってスパムmailを送りつけるなんてのが多発しているそうだ。

Gmailのっとりの実被害

スパムmailがGmailのアドレス帳から登録したアドレスに送信される。

Gmailのパスワードをほかの大事なサイト(銀行とか)へ使いまわしなどをして、かつ、Gmailで大事なサイトの通知を受け取っていた場合、メールの内容から、利用サイトの情報がわかり、かつ、簡単に利用サイトにログインされてしまう。

GmailやYahoo!メールのパスワードは使い回しを避ける

 Gmailでも、Yahoo!メールでも利用サイトの中身を知られたりする危険は同じ。

 また、パスワードを使いまわしていた場合、簡単に利用サイトに侵入されてしまう。

 最低でもwebメールのパスワードとそのほかの利用サイトのパスワードは別のものを用意すること。

 というより、どのサイトも別のパスワードを設定しておくこと。

ソフトを使ったりしてパスワードを管理するのも手

 自力で利用サイトすべてのパスワードを別々に設定するのは大変なので、パスワード管理softを使って、推測されないパスワードを設定するようにしよう。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Yahoo!メールのセーフティーアドレス(サブメールアドレス)の削除方法
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
Outlook Expressのメールのバックアップをとろう
Yahooメールをメールソフトに転送
フリーメールサービスInter7のメールアドレスが2チャンネルに流出
Outlook ExpressからWindows Live メールへ移行
noimage
WindowsXPにWindows Live メールをインストール
Yahoo!メールの便利な使い方

Yahoo!メールの便利な使い方

Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい
メールの終わりには署名を付けよう
Outlook ExpressでYahoo!メールを送受信してみよう
Outlook2013で届いたメールからメールアドレスを連絡帳に登録する方法
Mozilla ThunderbirdのカレンダーにAndroidのスケジュールデーターを取り込んで見よう
メール送信ができなかったときのメッセージ

Menu

HOME

 TOP