GoogleのOfficeアプリQuickofficeでExcelのファイルを開いてみよう

 GoogleのOfficeアプリQuickofficeでExcelのファイルを開いてみよう。

 QuickofficeとMicrosoftExcelでは、関数が対応していないものがあるのであまり特殊な関数が入ったものはどうなのかな?という感じ。

 なので、とりあえず、関数なしのXLSファイルを開いてみることに。

?

ExcelのXLSファイルをQuickofficeで開く

1、Excelで作ったXLSファイルをAndroid末端のSDカードか内部ストレージファイルにコピーする。

*今回はYahoo!スマホマネージャーでSDカードにコピーした。

2、Quickofficeを起動する。

3、『SDカード』(内部ストレージにファイルをコピーした場合は『内部ストレージ』)の文字をタップ。

4、スクロールして目当てのファイルをタップ。

?

 まあ、それほど問題なく開くことができる。

 動作も軽いし。

 これなら実用になりそう。

 ただし、年月日の表示がExcelとQuickofficeでは異なる。

?

ExcelファイルとQuickofficeの年月日表示の違い

Excelファイルの日付
⇒2014/03/15(年/月/日)

?

Quickoffice
⇒3/15/14(月/日/年)

?

*表示は違うが、Quickofficeで編集したファイルをExcelで再度を開くとちゃんと年/月/日の表示になる。

?

Quickofficeの表計算(スプレッドシート)でできること

・Quickofficeの日付の入力はキーボードを使わなくてもできるので便利といえば便利。

・Quickofficeで開いたシートはピンチで拡大縮小できる。
 目の悪いおいらにはうれしい点である。

・セルのコピーや貼り付けもできる。

・行や列の追加もできる。

・一度入力したものを元に戻したり、やり直したりもできる。

・列幅や行の高さの調整もできる。

・SUM関数や引き算足し算掛け算割り算などはできる。
 もちろん、もっと複雑な関数も使えるが、MicrosoftExcelのすべての関数が利用できるわけではないらしい。

・テキストの折り返しもできる。

・複数シートの編集も可能。

・画像の再現はできるが、挿入はできないそう。

?

 Quickofficeの表計算アプリ(スプレッドシート)は総合してよくできてるアプリだと思う。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

Windows7で拡張子を表示させる方法

noimage
noimage

ようやくブログ移転完了

noimage

デルのWindows7パソコンとユニットコムWindows 8

noimage

Windows.oldフォルダの開き方

noimage

Nexus 7の仕様

9飛び越してWindows10-スタートメニューが復活するらしい

9飛び越してWindows10-スタートメニューが復活するらしい

noimage

不要なAndroidアプリを削除する方法

noimage
noimage

Windows付属のペイントで背景を塗りつぶす方法

noimage

ApacheOpenOfficeCalc、Excelで8桁の数字を年月日にする

noimage
noimage
noimage

Windows Live メッセンジャーで無料通話

noimage

無料Wi-Fi公衆無線LANサービス「セブンスポット」

Menu

HOME

 TOP