スポンサーリンク

一番初めにプロフィールの設定をしよう

 Wordpressの管理画面にはじめにログインしたら、一番初めにすべきこと。

 それは、プロフィールの設定だ!

 プロフィールを設定しないと、WordpressへのログインIDが世界中に公表される羽目になる。

 その前にプロフィール設定を補助するプラグインを入れよう。

 「EditAuthor Slug」などが有名。

なぜプロフィールの設定が必要なの?

 デフォルトのWordpressテンプレートの場合、記事のタイトルの下にログイン時のIDが投稿者名として表示されてしまう。

 プロフィールの設定で、ニックネームを設定すればニックネームを投稿者として表示することが出来る。

なぜプラグインが必要か?

 プラグインを利用しない場合、投稿者名(あるいは、ニックネームなど)をクリックすると、記事のリストが表示される。

 その記事リストページのURLアドレスにはログインIDが表示される。

 投稿者名にカーソルを乗せても、ログインIDが表示される。

 プラグインを利用すれば、URLアドレスに任意の英数字を設定することが出来る。

テーマによってはプラグインが必要ないテーマもある

 WordpressテーマSTINGER3の場合プロフィールを設定するためのプラグインは必要ないかもしれない。

 STINGER3の場合は、デフォルト設定で投稿者名が表示されない。

 また、プラグインを使わず、投稿者名のリンクを変えてしまうという手もある。

参考:「投稿者」をニックネームにしてもログインIDが丸見えかも