502 Bad Gatewayってどういう意味?解消方法は?

 このところ、特定のウェブページを開こうとすると「502 Bad Gateway」という表示が出ることが続いている。

 何らかのエラーなのは確かだが、「502 Bad Gateway」ってどういう意味なんだろう?

 どうしたら防げる?




「502 Bad Gateway」の意味は

 「502 Bad Gateway」は「ウェブサイトのサーバーの通信状態に問題があることを示すエラーメッセージ」だそうだ。

 こちらのPCやブラウザ・インターネット接続に問題があるわけではないらしい。

 それが証拠に、「502 Bad Gateway」の表示が出た後でも、他のWebサイトを開くことができる。

 要はウェブサイトの訪問者には何の責任もない。

 なので、サイトの訪問者には対処の方法がない。

 サーバーかサイト管理者がエラーの原因を解消してくれるのを待つしかない。

自分の運営するサイトで「502 Bad Gateway」が出たら

 「502 Bad Gateway」は「サーバーの通信状態に問題があることを示すエラーメッセージ」。

 ということは、サイト自体に問題がない場合もある。

 でも、サイト運営が「502 Bad Gateway」の原因になっている場合もあるのでややこしい。

サイト自体に問題がない「502 Bad Gateway」

 サイト自体に問題がない「502 Bad Gateway」の例としては、

レンタルサーバーが貧弱で、アクセスの集中などが原因で、「502 Bad Gateway」アクセスエラーとなる。

 時間をおいてアクセスすれば、たいていつながるようになるが、たびたび自分の運営しているサイトで「502 Bad Gateway」というエラーが出るようなら、レンタルサーバーを変えたほうが効果的かもしれない。

サイト自体に問題がある「502 Bad Gateway」

 サイト側に問題があって、「502 Bad Gateway」のエラーがでる例としては

PHPバージョンやプラグインの不適合

 WordPressでの対処方法としては

1)変更したプラグインを停止してみる
2)PHPのバージョンを変えてみる

 まずは、プラグインを停止して「502 Bad Gateway」エラーが出ないようになるか試してみる。

 具体的には、FTPソフトを使って“plugins”のフォルダの名前を変更する。

 もし、プラグインがエラーの原因なら、これでエラーが出なくなる。

 あとは、どのプラグインがエラーの原因になっているのかを確認すれば原因ははっきりする。

 プラグインが原因でないとわかれば、PHPバージョンを変えてみる。

503エラーの原因もほぼ同じ

 「502 Bad Gateway」だけでなく、503などの5○○の数字が表示されたエラーも同じ原因らしい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする