ハードディスクが二つある?何のため?どうやって使う?

 あなたの今使っているパソコンは、いくつハードディスクドライブがある?

 管理人のPCはCドライブ1つしかない。

 パソコンによっては「Cドライブ」「Dドライブ」2つのハードディスクドライブがある人もいるかもね。

 今回のお話は、「どうしてハードディスクドライブが2つあるのか」って話と、「ハードデスクがいくつあるか確かめる方法」のお話。

ハードデスクがいくつあるか確かめる

 おいらのパソコンはWindows7なので、基本的にWindows7のお話だと思って読んでね。

1、【スタート】⇒【コンピューター】をクリック。

1、ハードディスクの数を確かめる

2、『ハードディスクドライブ』に表示されているのがあなたのパソコンのハードディスクドライブの数だ。

2、ハードディスクの数を確かめる

 1つだけの場合はCという文字だけがある。

 2つの場合はCとDの文字がある。

 でも、実は、このCドライブとDドライブ、ひとつのハードディスクをパーティションで区切ってるだけなのだ。

 Windowsパソコンなどの場合、基本的にOSそのものも、データーの保存先もCドライブになっている。

 それじゃ何のために、Dドライブが作ってあるのか?

 Dドライブの使い方は?

どうしてハードディスクドライブが2つあるのか

  • 復元時のバックアップデータの保存場所としてDドライブがある。
  • データーはOSとは切り離して、Dドライブに保存するようにした方が、いざって時に安心なのでそのための保存場所としてDドライブがある。
     何かの拍子に、OSなどの再インストールをしなければならなくなったばあい、OSと同じドライブ内にあると、データが消えてしまう。
     また、データでドライブの容量がいっぱいになってると、OSなどが正常に動かなくなることもあるらしい。
     マイクロソフトのHPでも、データはDドライブに保存する方法が推奨されている。
     だったら、はじめからマイドキュメントやキャッシュ・お気に入りをDドライブに保存されるようにしておけばいいのにね。

 ただし、ハードディスクそのものは、CもDもひとつの機械の中に入っている。

 なので、Dドライブの中身もハードディスクが壊れてしまえばパア。

 Dドライブにデータの保存先を移すと同時に、定期的に外部記憶用のメモリやDVDにデーターのバックアップを取っておいたほうが安全だ。

 『マイドキュメント』『IEのお気に入り』『一時キャッシュ』などは、比較的簡単にDドライブに保存場所を移すことが出来る。

 買ったばかりのPCなら、ドライブの数を確認して、ドライブが2つあるならデータの保存場所をDドライブに移しておく。

 1つしかドライブがないようなら2つのドライブにパーティションを2つに区切る直してDドライブに保存場所を変更しておくと便利で安全。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

パソコン画面をそのまま取り込む
IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう
キャプスロック Caps  Lockが有効になっているとひらがな入力や小文字が入力できなくなる
付箋アプリがWindows10にない!
noimage
キーボードが壊れたらスクリーンキーボードが便利
noimage
アドレスバーを検索に使う・電卓計算機として使う
ペイントのファイルメニューはどこにある?
スタートメニューからソフトを起動できるようにする
Windows7、Windows8、Windows8.1のシャットダウン(電源を切る)方法
社内回覧の文書などに便利なPDFのスタンプ機能
F-03D Girls’(AndroidOS2.35)のGPS機能のON・OFF
noimage
Windows10システムの復元ポイントを作ろう

Menu

HOME

 TOP