コピー貼り付け再変換で名簿表にフリガナをつける-OpenOfficeWriter

 Excelで氏名の一覧表などを作って、50音順に並べ替えたいというときには、フリガナがついていないと、変な順番の名簿が出来上がる。

 これは、OpenOffice Calcでも同じ。

 Microsoftオフィスなら、Excelで名簿を作っても、フリガナを割と簡単につけられるが、OpenOffice Calcの場合、フリガナ付きの名簿を作るのがなかなか大変。

 手打ちにするのも手間だし。

 50音順の名簿を作りたいと思ったら、OpenOfficeWriterを使ったほうが簡単。

 OpenOfficeWriterで作った名簿をその後Calcで再利用ということもできる。




OpenOfficeWriterでフリガナ付きの名簿を作ってみよう

 OpenOffice Calcの場合、フリガナ付きの名簿を作るのがなかなか大変だが、Writerで名簿を作ると、割合簡単にフリガナ付きの表が作れる。

 さすがに、自動でフリガナをつける機能はないが、手で打ち込むよりは簡単。

1.ツールバーかボタンの〔表〕をクリック。

2.行と列の数をドラッグして指定する。

ツールバーの〔表〕の▼から表を作る-OpenOffice Writerで表を作る

[ツールバーの〔表〕の▼から表を作る-OpenOffice Writerで表を作る]

3.名簿の名前を打ち込む。

4.名簿を範囲指定し、右クリックでコピー。

名簿を範囲指定し、右クリックでコピー-OpenOffice Writerで表を作る.png

[名簿を範囲指定し、右クリックでコピー-OpenOffice Writerで表を作る.png]

5.隣の列に右クリックで貼り付け。

6.貼り付けた名簿のセルの中の文字をドラッグで指定し〔変換〕キーを押して、再変換し、変換候補を選ぶ。

 あとは、これを1行ごとに繰り返す。

変換キーで再変換し、フリガナにする-OpenOffice Writerで表を作る

[変換キーで再変換し、フリガナにする-OpenOffice Writerで表を作る]

OpenOfficeWriterの名簿を並べ替えてみよう

 OpenOfficeWriterで作った名簿を50音順に並べ替えてみよう。

1.並べ替える範囲を指定。

2.〔ツール〕⇒〔並べ替え〕をクリック。

〔ツール〕⇒〔並べ替え〕-OpenOffice Writerで表を作る

[〔ツール〕⇒〔並べ替え〕-OpenOffice Writerで表を作る]

3.並び替えの条件を指定して、OKを押す。

3-1)「キー1」は並べ替えの時一番優先する条件。

   優先する「列」を指定する。

3-2)「キーの種類」を選択。

3-3)「順序」は昇順か降順を指定する。

3-4)優先するキーが複数ある場合、2番目に優先する列を「キー2」へ、3番目に優先する列は「キー3」へ指定する。

並び替えの条件を指定-OpenOffice Writerで表を作る

[並び替えの条件を指定-OpenOffice Writerで表を作る]

下の表は元の名簿と50音順に並び替えた表の比較。

50音順に並び替え-OpenOffice Writerで表を作る

[50音順に並び替え-OpenOffice Writerで表を作る]

OpenOfficeWriterの表をCalcにして再利用

 OpenOfficeWriterで作った表をCalcに変換することもできる。

 OpenOfficeWriterでも表の合計等はできるが、Calcのほうが、集計をとったり、再利用するのに便利かも。