テキストボックスを使って希望の位置に文字を入れよう-LibreOffic

 テキストボックスを利用するとLibre Offic Writer/Calcの思った通りの位置に文字を入れることができる。

 画像を背景にして、文字を入れることもできるので、背景画像を生かした、チラシやパンフレット、絵葉書などを作り時に利用できる。

 MicrosoftWordやExcel・Open Office Writer/Calcでも同じことができる。

 Libre Officの場合、MicrosoftOfficeと比べて、縦書きのテキストボックスの挿入が分かりにくい気がするので、縦書きのテキストボックスの作り方もお勉強しよう。




テキストボックスとは?

 「テキストボックス」は簡単に文字を挿入できる図形のこと。

Libre Offic Writerのテキストボックスを挿入する

 まずはLibre Offic Writerテキストボックスの挿入方法から。

横書きの場合のテキストボックス

1.〔挿入〕タブをクリック。

2.「テキストボックス」をクリック。

1.2合わせて、[T]のボタンをクリックしてもOK。
挿入⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer

[挿入⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer]

3.テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定する。

テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer

[テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer]

3.そのまま、テキストボックスの中に文字を打ち込む。

 デフォルトは横書きになる。

Libre Offic Writerでテキストボックス内の文字を縦書きにするには

 Libre Offic Writerでテキストボックス内の文字を縦書きにするには

1.「T」のボタンを右クリック。

2.「縦書きテキスト」をクリック。

縦書き-テキストボックス-Libre Offic Writer

[縦書き-テキストボックス-Libre Offic Writer]

3.テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定する。

テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer

[テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定⇒テキストボックス-テキストボックス-Libre Offic Writer]

3.そのまま、テキストボックスの中に文字を打ち込む。

 これで、テキストボックス内に縦書き文字が挿入できる。

テキストボックス内に文字が縦書きされた-Libre Offic Writer

[テキストボックス内に文字が縦書きされた-Libre Offic Writer]

Libre Offic Calcでテキストボックスの挿入

Libre Offic Calcでテキストボックスの挿入をする場合、横書きならWriterと同様。

1.〔挿入〕タブをクリック。

2.「テキストボックス」をクリック。

3.そのまま、テキストボックスの中に文字を打ち込む。

 でOKなのだが、縦書きのテキストボックスを挿入する場合、「T」ボタンがないので

1.ボタンの表示されている部分の端にある「≫」をクリック。

2.「画像描画機能を表示」をクリック。

「画像描画機能を表示」がすでにボタンとして表示されている場合もある
テキストボックスの挿入-Libre Offic Calc

[テキストボックスの挿入-Libre Offic Calc]

3.下のほうに「画像描画機能」が表示されるので、端の「≫」をクリック。

4.「T(横書き)」または「横向きになったT(縦書き)」を選択する。

縦書き横書きを選択-テキストボックス-Libre Offic Calc

[縦書き横書きを選択-テキストボックス-Libre Offic Calc]

5.テキストを入れたい位置をクリックして、範囲をドラッグで指定する。

6.そのまま、テキストボックスの中に文字を打ち込む。

ちなみに、こちらの方法はWriterのほうでも同じ操作ができる。