表計算ソフトでセル以外の場所に文字を入れよう・ApacheOpenOfficeCalc

 表計算ソフトでセル以外の場所に文字を入れよう。

 縦書き・横書きもできる。

表計算ソフトでセル以外に文字を入れるApacheOpenOfficeCalc




表計算ソフトでセル以外の場所に横書きの文字を入れよう・ApacheOpenOfficeCalc

1、ツールバーの図形描画機能のボタン(鉛筆のようなボタンです)をクリック。

2、ApacheOpenOfficeCalcの下の図形描写のメニューボタン『T』をクリック。

3、文字を入れる部分の範囲の起点となる場所をクリック。

4、マウスから手を離さないまま、終点までドラッグ。

5、範囲の枠線を表示する場合は、ApacheOpenOfficeCalcの上のほうに、ラインの太さや色を指定するボックスが出てくるので、色やラインの太さ、枠内の塗りつぶしの色を指定。

6、テキスト(文字)のフォントサイズや色を指定する。

7、文字を入力。

*行を変えたい場合は、Enterキーを押す。
*行を変えたときに文字のフォントを変えることもできる。

表計算ソフトでセル以外の場所に縦書きの文字を入れよう・ApacheOpenOfficeCalc

1、ツールバーの図形描画機能のボタン(鉛筆のようなボタンです)をクリック。

2、ApacheOpenOfficeCalcの下の図形描写のメニューボタン『横向きのT』をクリック。

3、文字を入れる部分の範囲の起点となる場所をクリック。

4、マウスから手を離さないまま、終点までドラッグ。

5、範囲の枠線を表示する場合は、ApacheOpenOfficeCalcの上のほうに、ラインの太さや色を指定するボックスが出てくるので、色やラインの太さ、枠内の塗りつぶしの色を指定。

6、テキスト(文字)のフォントサイズや色を指定する。

7、文字を入力。
*行を変えたい場合は、Enterキーを押す。
*行を変えたときに文字のフォントを変えることもできる。

 後から外枠(範囲指定)のサイズや中の塗りつぶしの色を変えることもできる。