メールの形式にご注意-テキストとリッチテキスト

 メールの形式はテキストとリッチテキスト(HTML)形式というのがあるのだが、形式によっては受信時に文字化けしたり、返信がうまくいかないことがあるみたい。

 この間も、メールを送ったら、返信ができないと相手方に言われたことがあって、調べてみたら、送ったメールがリッチテキスト形式だった。




メール形式の特徴

 メール形式のテキスト・リッチテキスト(HTML)形式とそれぞれ特徴がある。

 まずは、その特徴を見てみよう。

テキスト形式のメールの特徴

テキストメールの特徴としては

・白背景に黒文字で書かれたメールで背景色や文字の色の指定などの装飾ができない。
・受信者の環境に左右されず、正しくメールを表示させられる。

HTML形式の特徴

 HTML形式(リッチテキスト)メールは

・背景色や文字色を変えたり、画像などを表示できる。
・受信側の環境によっては表示できなかったりする。
・データのサイズが大きくなってしまう場合がある。
・HTMLメールはウイルス感染の危険がある。

テキスト形式のメールが無難

 個人でもビジネスでも、メールの形式はテキスト形式が無難。

 特にビジネスの場合は、ウィルス感染を警戒して、HTML形式のメールは受信できない設定になっている場合もある。

 リッチテキスト(HTML)形式のメールは、よほど個人的なものか、メルマガなどを発行する場合などに限ると思う。

 テキスト形式のメールでも、添付ファイルなどはつけられる。

Yhoo!メールでメールの形式を切り替えるには

 Yhoo!メールでテキスト形式とリッチテキスト形式を切り替えるには

1.「メールの作成」で新規メールの作成画面を開く(返信の場合は、受信メールの「返信」ボタンを押す)。
2.画面端の「リッチテキストに切り替え」をクリック。
 又は「絵文字」「書式」のタブをクリックし、その後、下に表示される「リッチテキストに切り替え」をクリックする。
メール形式の切り替え-テキストからリッチテキスト形式へ-Yhoo!メール

[メール形式の切り替え-テキストからリッチテキスト形式へ-Yhoo!メール]

 リッチテキストからテキスト形式に変更する場合も同様。

 「リッチテキストへ切り替え」の部分が「テキストに切り替え」の表示に代わっているので、そこをクリックする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする