このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています

 運営しているWordPressブログで、SSL化(https)にしたら、ChromeでログインしたWordPressの管理画面に「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」という警告が表れるようになった。




「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」はなぜ現れる?

 いろいろと調べてみたら「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」は、httpとhttpsが混在している場合に出るらしい。

「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」

[「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」]

 でも、使っているテーマはここと同じsimplicity2。

 カスタマイズで内部URLをSSL化にしてあるのに、なぜなんだろう。

 しかも、WordPressの管理画面の中に現れるとはこれ如何に?

「一般設定」のWordPressアドレス(URL)もサイトアドレス(URL)もちゃんとhttpsになってるし。

Chromeの検証で調べてみる

 分からないけど、とにかく、Chromeの検証で調べてみることにした。

 で、赤い▲マークが出たので、▼マークをクリックしてみた。

「アップロードしたばかりの画像ファイルじゃないか!」

 でもその画像をブラウザ上で見るとhttpsになってる。

 でもでも、WordPressのメディアでURLを見るとhttpのままなのだ。

 さっぱりわからない。

 記事の中なら書き換えが効くが、どうやったら、アップロードした画像URLがhttpsになってくれるわけ?

 このサイトは同じsimplicity2と子テーマを使っていて、何の不都合もないのに。

 一体何が悪さをしているのだ!

試しにコードを追加してみた

 で、試しに、〔functions.php〕に下のコードを追加してみた。

function fix_ssl_attachment_url($url) {
if(is_ssl()){
$url = preg_replace("/^http:/", "https:", $url);
}
return $url;
}
add_filter("wp_get_attachment_url", "fix_ssl_attachment_url");

 サイトがSSL化してある場合にhttpを強制的にhttpsに変換するコードらしい。

 参考先はWordPressでサイト全体をSSL化したときのURLの落とし穴 というwebページ

 見事に、「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています」が出なくなった。

 うーん、simplicity2のバージョンの違いだろうか?

 はたまた、プラグインのいたずら?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする