Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存する

 Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存して、表計算ソフトやメモ帳で共有できるようにしてみよう。

Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存して、表計算ソフトやメモ帳で共有できるようにする

1、Outlook Expressを起動→[ファイル]→エクスポート→アドレス帳をクリック。

2、[テキストファイル(CSV)]を選択して[エキスポート]ボタンをクリック。

3、エキスポート先を[参照]ボタンで選択すし、ファイル名を記入。

4、エキスポートする項目を選択して、完了ボタンを押す。

 CSV形式で保存したデータを表計算ソフトやメモ帳で表示すると、下のようになる。

オープンオフィス表計算ソフトでCSVデータを開く メモ帳でCSVデータを開く

はじめにフォルダを作っておくと管理がらくだ

 ファイル名を記入してエキスポートを完了するだけだと、ファイルの保存場所がわかりにくかったりする。

 事前に、フォルダを作っておいて、そこにエキスポートする方が、わかりやすいと思う。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
Windows7、Windows8、Windows8.1のシャットダウン(電源を切る)方法
F-03D Girls’(AndroidOS2.35)のGPS機能のON・OFF
ローマ字入力ができない→かな(KANA)ロックがかかってないか?
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
ペイントのファイルメニューはどこにある?
キーボードが壊れたらスクリーンキーボードが便利
noimage
Windowsパソコンの画面をそのまま画像として取り込むスクリーンショット
ゴミ箱の容量を変える
Windowsムービーメーカー起動
アドレスバーを検索に使う・電卓計算機として使う
複雑な昔の漢字も入力できるIMEパットの使い方
付箋アプリがWindows10にない!

Menu

HOME

 TOP