Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存する

 Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存して、表計算ソフトやメモ帳で共有できるようにしてみよう。

Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存して、表計算ソフトやメモ帳で共有できるようにする

1、Outlook Expressを起動→[ファイル]→エクスポート→アドレス帳をクリック。

2、[テキストファイル(CSV)]を選択して[エキスポート]ボタンをクリック。

3、エキスポート先を[参照]ボタンで選択すし、ファイル名を記入。

4、エキスポートする項目を選択して、完了ボタンを押す。

 CSV形式で保存したデータを表計算ソフトやメモ帳で表示すると、下のようになる。

オープンオフィス表計算ソフトでCSVデータを開く メモ帳でCSVデータを開く

はじめにフォルダを作っておくと管理がらくだ

 ファイル名を記入してエキスポートを完了するだけだと、ファイルの保存場所がわかりにくかったりする。

 事前に、フォルダを作っておいて、そこにエキスポートする方が、わかりやすいと思う。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」
ゴミ箱からファイルを復元する
ウインドウズXPでタスクマネージャを起動させる方法
Windows10の電卓で何ができる
Windows10のプログラムの削除の方法
ウィンドウズPCのログオン(ログイン)パスワードを設定する
キャプスロック Caps  Lockが有効になっているとひらがな入力や小文字が入力できなくなる
Windows7(8)でタスクマネージャ(タスクマネージャー)を起動させる方法3つ
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
noimage
IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう
noimage
Windows10でダウンロードデーターの保存
付箋アプリがWindows10にない!
フルスクリーンモード全画面表示の解除の仕方

Menu

HOME

 TOP