システムの復元と復元で解決されない問題

  アプリケーションソフトをダウンロードしたときやシステムのアップデートをした後に、パソコンの調子が悪くなったら、システムの復元を使うと、調子が良かったときにパソコンの設定をもどすことができる。

 システムの復元には、復元ポイントが作成されていることが必要。

 復元ポイントは、Windows10以前はパソコンのシステムが変わった段階で自動的に作られるが、自分で設定して、定期的に復元ポイントを作ることもできる。

 ちなみに、システムの復元の実行の前には、自動的に復元ポイントが作成される。

 Windows10では、どの段階でシステムの復元ポイントが作られているかはよくわからない。

システムの復元のメリット

  • 自分で作成したワードやエクセル文書、画像などを残したまま、パソコンを調子のよかった段階に戻すことができる。 

システムの復元の危険性と注意点 

 便利なシステムの復元だが、デメリットもある。

 システムの復元を試す前に、システムの復元を実行しても解決されないトラブルについてちょっと勉強しておこう。

  • Windows XP で SP2 を適用後に SP1 の時に作成した復元ポイントに戻ると、Windows を起動できなくなる場合がある。
  • 復元ポイント以降にインストールしたプログラムは使えない(再インストールの必要がある)。
  • 古いウインドウズOSは、ファイルが消えたり、使えなくなったりする場合がある(復元を元に戻せば、ファイルも元に戻る) 
  • Excel.xlb 、 Normal.dot 、 Folders.dbx 、辞書ファイル(*.dic) は復元対象とならない。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

インターネットにつながらないときにルーターの再設定
noimage
スマートフォンを安全に使いましょう
ローマ字入力ができない→かな(KANA)ロックがかかってないか?
使用していない言語入力サービスを削除する
ファイルを削除するとどうなる?
ソフトはゴミ箱に捨ててはいけません!
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう
キーの役割を変えることができるフリーソフト
プリンターのインク・顔料と染料の違い
GooglePlayからAndroidアプリをダウンロードしよう
PDFにはどんなメリットがある?
基本的には電源ボタンを押して、パソコンを終わらせちゃだめよ
このファイルだけは削除しては駄目です!
パソコンが起動しなくなったらセーフモードで起動させよう

Menu

HOME

 TOP