無料宛名書きソフト「二刀流宛名印刷」で新規ファイルを作るには

 届いた年賀状などをもとに無料宛名書きソフト「二刀流宛名印刷」で住所録を作ってみよう。

 来年の年賀状作成にも使える。

 csvデータとして保存すれば、Excelなどの表計算ソフトでも住所録として使うことができる。

 「プライベート住所録サンプル」を利用して住所録を作ることもできるが、今回は新しいファイルとして住所録を作る。




「二刀流宛名印刷」の新規ファイルの作り方

1.「二刀流宛名印刷」を起動させる。

2.〔ファイル〕⇒〔ビジネス住所録ファイル〕又は〔プライベート住所録ファイル〕をクリック。

3.〔新規作成〕をクリック。

(ファイルの)新規作成-二刀流宛名印刷

[(ファイルの)新規作成-二刀流宛名印刷]

4.「新しいプライベート(ビジネス)ファイル」が作成される。

(ファイルの)新規作成2-二刀流宛名印刷

[(ファイルの)新規作成2-二刀流宛名印刷]

 そのまま、任意のファイル名を打ち込むことができる。

 同じファイル名がある場合、(1)(2)というように連番になる。

(ファイルの)新規作成3-二刀流宛名印刷

[(ファイルの)新規作成3-二刀流宛名印刷]

5.〔開く〕ボタンを押す。

二刀流宛名印刷の新規ファイルに住所データを入力しよう

1.〔住所録カード〕を押す。

住所録カードへ切り替え-二刀流宛名印刷

[住所録カードへ切り替え-二刀流宛名印刷]

2.それぞれの項目を入力する。

 郵便番号を入力すると、自動的に住所が入力できる。

3.すべて入力し終わったら〔新規追加〕ボタンを押す。

 あとはこの繰り返し。

他のソフトから住所録を切り替えるときは「新規ファイル」を作ったほうがやりやすい

 他の住所録ソフトなどで作ったデータをcsvファイルとして取り込むときには、先に「新規ファイル」を作って、そのファイルにインポートする。

 他のソフトで作っていたデータを追加する場合は、開いたファイルに他のソフトのcsvデータをインポートすると、データが追加される。

 csvファイルのインポートの仕方は過去記事「二刀流宛名印刷」の宛名データを保存・開く・ファイル名の変更・csvで保存と読み込みを見てね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする